あれどう
  1. TOP
  2. iLok
  3. どうもiLokが壊れたらしい(現在進行形)

6.iLokを発送しました (2019年9月27日午前)



いざ郵便局へ。はたしてインボイスは...

近場の「国際郵便マイページサービス for ゆうプリタッチ」が利用できる郵便局に出向きます。 郵便物窓口にてスマホでラベル情報を登録済みであることを告げ、スマホを差出してスキャナで読み取ってもらいます。

ラベルとCN23は印字されたもののインボイスは出てきません。「インボイスはいらないの?」とたずねたら、「いらない」とのこと。まあ、プロが言ってることだし、すなおに従います。 CN23にのみ署名を求められました。これは漢字でOKです。




内容物のチェックシートへの署名とお会計

送っちゃいけないものなどが記載されたチェックリストを渡され、署名(もちろん漢字です)します。 次にお会計です。2,000円でした。




私が郵便局でやったこと

郵便局にて私がやったことのすべてを列記してみます。順序は多少前後してるかも....

  • 郵便物窓口にてスマホでラベル情報を登録済みであることを告げ、スマホを差出す
  • カウンター脇にあるプリンターから印刷されたラベルを局員に渡す
  • 内容物について質問されたので答え、中身をチラッと見せて封印しない状態の封筒を引き渡す
  • 内容物のチェックリストの確認と署名
  • お会計(\2,000)
  • 局員の指示に従ってCN23に漢字で署名
  • 撤収

以上です。とても簡単でした。

これでボールは再び私の手を離れました。後はiLok.comからの連絡待ちです。かなり気持ちが楽になりました。 それにしてもINVOICEは本当にいらないのかな......




ここまでの出費:13,682円

出費の内訳です。これで終わりのはず.....。

  • EMS料金:2,000円
  • EMS封筒 [縦26.0cm×横35.0cm]:50円
  • ライセンス・リカバリ手数料:49.95ドル(=5,368円)
  • iLok 3代金:6,264円
更新履歴
2019.09.27 新規掲載