あれどう
  1. TOP
  2. iLok
  3. どうもiLokが壊れたらしい(現在進行形)

5.iLokの発送準備 (2019年9月26日)



新しい ilok USBが届きました

並行して注文していたiLokが届きました。小さいですね、ありがたみがありません。まあ第二世代よりも随分安くなったみたいなので良いのだけど。 あたらしいiLokの梱包に使用されていたプチプチをiLok発送に使おうと思います。




必要そうなものを調達してきました

郵便局に出向き、梱包材(50円也)、ラベル、インボイスを入れる袋を調達してきました。 この中で多分ラベルは使わないと思いますが、現物を見ておきたいのでいただいてきました。




ここまでの懸案:金額欄をどうするか?

これまでいろいろ調べてきましたが、どうもモヤモヤが解消できません。 それはラベルやインボイスに記入する金額欄です。いろいろ情報収集していると0円としている人や何らかの金額を書いているケースなど様々です。

そんなモヤモヤのなか、RMA申請の応答としてiLok.comから送られてきたメールをよく確認すると、どうも「49.95USDと書け」というような感じの記述がありました。 今回の申請ではこの金額を使うことにします。


ラベル作成は「国際郵便マイページサービス for ゆうプリタッチ」

ラベル作成は「国際郵便マイページサービス for ゆうプリタッチ」を使うことにしました。 これ、とっても使いにくいです。 最後の日本円換算金額は107円/ドルで計算して、丸めました。いいかどうかは知らないけど、それでいきます。



ここでまた懸案:インボイスは自分で作る必要があるのか?

どうも「国際郵便マイページサービス for ゆうプリタッチ」で自動的に作ってくれそうではあるのだけど、今一つはっきりしません。 まあこれは明日、郵便局に行けば分かる事なのでとりあえず作らないでおきます。


荷造り

郵便局で買ってきた梱包材は思ったよりペネペナだったので、ダンボールを台紙に使うことにしました。今朝届いたiLokが入ってたプチプチに入れて、台紙に張り付け、念のため裏にiLok.comから送られてきたメールの1ページ目だけを貼り付けました。



この状態で明日、郵便局に出向きます。問題なければそのまま発送してしまいます。


ここまでの出費:11,682円

出費の内訳。

  • EMS封筒 [縦26.0cm×横35.0cm]:50円
  • ライセンス・リカバリ手数料:49.95ドル(=5,368円)
  • iLok 3代金:6,264円
更新履歴
2019.09.26 新規掲載