header
header

MIDIエフェクト(MIDI Effects) - Cubase

このページはCubaseのMIDIエフェクトプラグインの全般的な事柄に関するトピックを掲載します。

このページは下記の内容で構成します。

1.MIDIエフェクトプラグインを使う
2.Cubaseに届くMIDI情報を確認したい
(サスティンペダルが効かないときの問題判別)

〔2020.4.16 新規掲載、 2021.5.29 最終更新

この記事のカテゴリ


1.MIDIエフェクトプラグインを使う

MIDIエフェクトプラグインを使うときは以下のようにします。

@ MIDIトラックまたはインストゥルメントトラックを選択します
A MIDI Inserts をクリックします
B その下をクリックしてリストを開きます
C MIDIプラグインを選びます
MIDI Effects


2.Cubaseに届くMIDI情報を確認したい
(サスティンペダルが効かないときの問題判別)


サスティンペダルが効かない、MIDIキーボードを弾いても音が出ない等の場合、MIDI情報の受信側(Cubase)の問題なのか、送信側(MIDIキーボードおよびサスティンペダル)を判別するためにCubaseに届くMIDI情報を確認したいときがあります。
そういった場合、MIDIトラックに録音してその内容を見る方法もありますが、リアルタイムで受信情報を見る方法があります。
MIDIインサートスロットに"MIDI Monitor"というMIDIプラグインを挿せば簡単に受信情報を確認できます。

MIDI Monitor

サスティンペダルが効かない場合

Cubaseはインストール後の初期状態ではサスティンペダル情報(CC#64)を受信します。ペダルが効かない原因の多くは送信側、すなわちMIDIキーボードかペダル側にあると思われます。


【関連情報】