header
header

インプレイスエディターの基本操作 - Cubase

In-Place Editor, Edit In-Place

Cubaseのインプレイスエディター(英語では In-Place Editor, Edit In-Place と表記されています)はプロジェクト画面上で特定のトラックをキーエディターのように編集する機能です。

1.インプレイスエディターの開き方、閉じ方
2.インプレイスエディターの基本的な操作

〔2022.07.18 新規掲載、2022.07.18 最終更新

この記事のカテゴリ


icon

1.インプレイスエディターの開き方、閉じ方

インプレイスエディターを開くには対象トラックを選択状態にして「インプレイス編集」のトラックコントロールをクリックします。MIDIメニューから広くこともできます。
[Enter]キーでフォーカスのあるトラックのインプレイスエディターが閉じます。

インプレイスエディターの開き方、閉じ方


2.インプレイスエディターの基本的な操作

インプレイスエディターの基本的な操作方法はキーエディターと同じですが、画像中に示した一部の操作が特殊です。

インプレイスエディターの基本的な操作

【関連情報】