header
header

オーディオのクオンタイズ - Cubase

この記事では オーディオのクオンタイズに関するトピックをまとめます。

この記事は以下の内容で構成しています。

1.波形部分のクオンタイズ
(ケース:オーディオのクオンタイズができない)

〔2022.07.04 新規掲載、2022.07.04 最終更新


icon

1.波形部分のクオンタイズ

(ケース:オーディオのクオンタイズができない)

オーディオのクオンタイズの基本的な操作はMIDIイベントの場合と同じですが、ツールバーにある「AudioWarp クオンタイズオン/オフ (AudioWarp Quantize On/Off) 」【B】をオンにする必要があります。

オーディオのクオンタイズ

@ ツールバーに「AudioWarp クオンタイズオン/オフ (AudioWarp Quantize On/Off) 」をはじめとするクオンタイズ関連のツールが無い場合はツールバーの設定でチェックを入れます。

A クオンタイズプリセットを選びます。

B オーディオトラックの波形部分をクオンタイズするにはツールバーにある「AudioWarp クオンタイズオン/オフ (AudioWarp Quantize On/Off) 」をオンにする必要があります。

C 対象とするオーディオイベントを選択します。

D 掛け方自体はMIDIイベントのクオンタイズと同じです。[Q]キーでかかります。クオンタイズのリセットの方法も基本的にはMIDIイベントの場合と同じです。
なお、クオンタイズのかかり方はMIDIイベントの場合とは異なり、全てのイベントがグリッドに吸着されるわけではありません。


【関連情報】