aredo

MIDIフィルター

CubaseはMIDIキーボード・コントローラーなどの入力デバイスから入ってくる特定のMIDI情報を無視することができます。これによって、MIDI音源の設定が予期せずに変わってしまう等の問題を回避できます。
ここではCubaseのMIDIフィルターに関する情報を示します。

この記事は以下の内容で構成しています。

1.MIDIコントローラーからの誤送信による音量や定位の変更を回避する

〔2021.10.15 新規掲載、2021.10.15 最終更新〕



1.MIDIコントローラーからの誤送信による音量や定位の変更を回避する

MIDIコントローラーなどから送信される音量や定位(左右位置)の変更情報を無視するには、[編集]>[環境設定]>「MIDIフィター」にて@の2か所にチェックを入れます。
これは大雑把な設定なのでモジュレーションやサスティンペダルの情報も無視することになります。Aのように設定すれば抑止対象を細かく設定できます。音量と定位が対象にしたい場合はCC07, CC11, CC10を設定すれば良いと思います。

Volume Panpot





更新履歴
2021.10.15 新規掲載