aredo

コードを拍の位置に置きたい、MIDIイベントの書き込みをグリッドに縛られたくない【C10】


Cubase にはクオンタイズにならんでスナップという重要な機能があります。これはペンツールでのコードやMIDIイベントの書き込み位置やマウス・ドラッグ時のドロップ位置を小節やグリッドの位置に強制するものです。


このページは下記の内容で構成しています。

1.スナップの無効化と設定箇所
2.スナップの設定箇所が見当たらない場合
3.キーエディッタのスナップの設定
4.ノートを移動させると他のノートが移動してしまう(スナップタイプ:シャッフル)

〔2020.3.24 最終更新〕

1.スナップの無効化と設定箇所


@をオフにすることでスナップを無効にできます。同じ操作を[J]キーで行うことができます。

プロジェクトパネルでは、インストール後の初期状態ではスナップは「小節」に設定されています(A)。コード書き込む場合などに強制的に小節境界に位置決めされてしまうのはこの設定の為です。

add audio track

2.スナップの設定箇所が見当たらない場合


スナップの設定が表示されていない場合は画面上部の余白を右クリックすると表示/非表示の設定パネルがでます。その中の「グリッド」にチェックを入れます。

なお、画面幅に対して表示対象が多すぎる場合は、チェックが入っていてもあふれて表示されない場合があります。

add audio track

3.キーエディッタのスナップの設定


より細かい位置決めが必要となるMIDIエディッタの場合はスナップの設定が若干違います。 キーエディッタの場合は右画像の○で示したところでスナップの設定を行います。

add audio track

4.ノートを移動させると他のノートが移動してしまう(スナップタイプ:シャッフル)


キーエディターなどのMIDI編集画面にてノート(音符)を移動させたときに、他のノートが間を詰めるように、あるいは割り込むような感じで動いてしまうようになる場合があります。 これはスナップタイプ:シャッフルの場合の動きです。無意識のうちにスナップタイプを変えてしまった場合などに起こりえます。

edit

これを元のように移動させたいノートだけが動くようにするためには、スナップタイプを「グリッド」に戻します。

edit


更新履歴
2020.03.24 「4.ノートを移動させると他のノートが移動してしまう(スナップタイプ:シャッフル)」を追加
2019.06.11 ページタイトルを「スナップ (Snap)【C10】」から「コードを拍の位置に置きたい、MIDIイベントの書き込みをグリッドに縛られたくない」へ変更
2019.06.10 新規掲載