header
header

初めての Cubase 12 で歌ってみたをミックスする

このページは『初めての Cubase 12 で歌ってみたをミックスする』のインデックスです。
初めて Steinberg Cubase(キューベース)を購入した初心者向けの簡単な使い方ガイドとして作成されています。

このガイドは下記の環境を前提にしています。

  • 前提とするCubase: Cubase Pro 12
    (Cubaseのインストールとアクティベートが完了していること)
  • プラットフォーム: Windows 10Home 64bit

なお、このコンテンツはCubase12のガイドではありますが、Cubase11以前のバージョンでも参考になると思います。


4.ミックスする

ここではいわゆる "2MIX" を作るためのミキシングを行います。

(1) Cubaseを起動してプロジェクトを開く
(2) ルーティングと各トラックの状態確認
(3) ルーティング
(4) ボーカルトラックにプラグインをインサートする
(5) ソロ、ミュートとプラグインのバイパス
(6) ボーカルトラックからセンドするFXチャンネルトラックを作る
(7) 各トラックの音量バランスをとる
(8) マスターチャンネルの音量レベルを調整する
(9) プロジェクトを保存してCubaseを終了させる

5.2MIXを書き出す

ここではミキシングした音声を "2MIX" としてオーディオファイルに書き出します。

(1) Cubaseを起動してプロジェクトを開く
(2) Cubaseのオーディオミックスダウン機能について
(3) 2MIXの書き出し
(4) 書き出したWAVファイルの持ち出し
(5) プロジェクトを保存してCubaseを終了させる

6.音圧上げてマスタリングっぽいことをする

ここでは 2MIX の音圧調整して、完成品としてオーディオファイルに書き出します。音圧は YouTube にアップロードすることを想定して -13.5 LUFS 前後に調整することとします。

(1) Cubaseを起動して、プロジェクトを作る
(2) 2MIXを読みこむ
(3) 2MIXの状態をチェックする
(4) エフェクトプラグインを挿し、設定する
(5) 書き出して結果を確認する
(6) 再書き出しを準備する
(7) プラグインの設定を見直して再度書き出す
(8) 書き出したWAVファイルの持ち出し
(9) プロジェクトを保存してCubaseを終了させる


更新履歴
2022.06.04「7.完成品を書きだす(仮題)」を抹消(「6.音圧上げてマスタリングっぽいことをする」に吸収したため)
2022.06.04「6.音圧上げてマスタリングっぽいことをする」を追加
2022.05.27 新規掲載(コンテンツ自体は 5/7 に掲載を開始しています)