当サイトのインデックスと最新の更新情報はこちらのトップページに掲載されています。

TO HOME

● リアルタイム・レコーディング

シーケンス・ソフトには、どれもテープ・レコーダのようなボタンがあります。 リアル・タイム・レコーディングとは、"録音ボタン"をマウス・クリックすることによって、シーケンス・ソフトを録音状態にし、 メトロノームやすでに録音ずみの他のパートの演奏をモニターしながら、(楽器の)キーボード手弾きし、 その時に出力される MIDIメッセージをそのまま記録することをいいます。
感覚としては、テープに録るのとなんら変わりません。

(↑ いまとなっては、ちょっとチープなCubase Score J for Windowsの操作ボタン)

「私はキーボードが弾けないので、リアルタイム・レコーディングはちょっと......」という方も、 心配ありません。
別に、曲の頭から最後までを通して弾く必要は全くありません。リアル..といっても MIDIの場合は1小節づつ録音したり、 テンポを遅くして録音したり、といったことが簡単にできます。もちろんソフトによりますが....。




TO HOME


- 1996 izmi All rights Reserved. -