当サイトのインデックスと最新の更新情報はこちらのトップページに掲載されています。

TO HOME


■ Edit (記録した MIDIメッセージの編集)

レコーディング方法がリアルタイムであろうがステップ・レコーディングであろうが、 ひとたび MIDIメッセージを取り込んだシーケンス・ソフトは、あらゆる画面を提供してあなたの編集作業を待ち構えています。

シーケンス・ソフトの機能や使い勝手を決定するほとんどの要因が編集画面にあり、 編集作業が可能である、という点がテープ等に音で記録する場合とは最も大きく異なる MIDIレコーディングのアドバンテージです。

ここでは、 CUBASE(キューベース)の場合を例にして、主な編集画面を紹介することによってシーケンス・ソフトの編集の可能性!? をみてみることにします。

このページをご覧になっている方のパソコンにも、なにかしらのシーケンス・ソフトがプレ・インストールされているかもしれません。 それらと比較してみるのも面白いのではないでしょうか。

なお、シーケンス・ソフトに取り込まれた MIDIメッセージはもはやメッセージではなく、 シーケンス・ソフト独自の内部フォーマットに置き換わっています。
以後、シーケンス・ソフトに取り込まれた MIDI情報を MIDIイベントと呼ぶことにします。


● キー・エディット・ウインドウ

演奏情報に関するMIDIイベントを、視覚的に最もよく表わすことのできる編集画面です。 5小節目の3拍目のところに縦線がありますが、 これは現在演奏している位置(song position)を示すもので、図は静止画ですが、 実際には演奏に合わせて左から右へ移動します。

図を見ながら、 サンプル MIDIファイル (MIDPLUGをお使いの方はこちら) を聞いてください。

鍵盤が押されている時間的な位置を示す横棒はマウスを使用して自由に移動/複写、長さの変更、削除あるいは書き込むことが可能です。

最近は当たり前になってきたようですが、 CUBASEでは(発売当初から)、演奏を一切止めることなく、これらの編集作業を行うことができる のです。この点は非常に重要です
LOOP再生しながら、直ちに反映される演奏を聞きながら編集作業を実施することができるわけです。
これは非常に重要なことです



● スコア・エディット・ウインドウ

あえて説明するまでもない譜面編集画面です。これは見た目のハッタリがきくわりには、 あまり使用しない編集画面です(少なくとも私は殆ど使いません)。

図は(サンプル MIDIファイルも)キー・エディット・ウインドウで紹介したものと同じ演奏情報を表示したものです。
楽譜に慣れ親しんだ方には、この画面の方が見やすいのでしょうが、こ の画面では MIDIイベントの微妙な位置関係等を視覚的にとらえることが出来ません。

図を見ながら、 サンプル MIDIファイル (MIDPLUGをお使いの方はこちら) を聞いてください。

もちろんこれも、演奏を止めることなくマウスを使用して自由に移動/複写、長さの変更、削除あるいは書き込み等が可能です。



● リスト・エディット・ウインドウ

図は(サンプル MIDIファイルも)キー・エディット・ウインドウとスコア・エディット・ウインドウで紹介したものと同じ演奏情報を表示したものです。
これまでみてきた演奏情報は、1小節目が休符になっていましたが、実は1小節目で次の処理を行っていました。
  • 音色をスティール弦のアコースティック・ギターに切り換える(GMのプログラム番号26)
  • 音の鳴る位置を中央に設定する(パンポットを64に設定)
  • 音量を100(127のうち)に設定
  • 残響のかかり具合を100(127のうち)に設定
  • コーラス等の効果がかからないように設定
  • ピッチベンドをいっぱいに動かしたとき音程が2半音分上下するように設定
このリスト・エディット・ウインドウはこれらの制御情報を編集したり、演奏情報を数値で編集するのに適しています。

図を見ながら、 サンプル MIDIファイル (MIDPLUGをお使いの方はこちら) を聞いてください。

もちろんこれも、演奏を止めることなくマウスを使用して自由に移動/複写、長さの変更、削除あるいは書き込み等が可能です。



● ドラム・エディット・ウインドウ

これは、リズム楽器音色用の演奏情報編集が画面で、ちょっと昔のドラム(リズム)・マシンのような形態で MIDIイベントを表示します。

ドラムの音色の場合は、ピアノ等の音色の場合とは異なり、鍵盤のキーごとに異なる楽器音が割り当てられているのが普通な為、 キー・エディット・ウインドウのように音程を表示してもあまり意味が無い場合があります。
この編集画面では、特定の楽器音、たとえばバスドラムの場合だけ、再生時に別の MIDI音源のものを使うように MIDIチェンネルを変更する、 などの設定に適しています。

これまでの編集画面の説明で聴いていただいたサンプルに入っているメトロノームのようなクリック音は、 ギターとは別のトラックに記録されていました。
下の図はクリック音の部分のみをドラム・エディット・ウインドウで開いたものです。カウベルとサイド・スティックで鳴らしているのが良く分かると思います。

図を見ながら、 サンプル MIDIファイル (MIDPLUGをお使いの方はこちら) を聞いてください。

もちろんこれも、演奏を止めることなくマウスを使用して自由に移動/複写、長さの変更、削除あるいは書き込み等が可能です。



● マスター・トラック

シーケンス・ソフトでは演奏情報とは別に、テンポや拍子を管理しているトラックがあります。 一般にそのトラックをテンポ・トラックとかマスター・トラック等と呼びますが、これはそれらを設定する為の編集画面です。

サンプルの MIDIファイルが、曲の冒頭でテンポを120に、拍子を4/4拍子に設定し、その後の変更が無いことが分かります。

もちろんこれも、演奏を止めることなく変更することが可能です。



● アレンジ・ウインドウ

MIDIを利用して楽曲を作成する場合、曲の全体を見渡すことができる否かが非常に重要になります。 これまで、紹介してきたキー・エディット、スコア・エディット、リスト・エディットの画面は、 下の図で黒く表示されている"SAMPLE"と書かれた部分を各々の編集画面で開いたもので、 ドラム・エディットで紹介したのは、その下の"Click"と書かれた部分を開いたものです。

サンプルの MIDIファイルはこの部分の再生をシミュレートしたものです。

図を見ながら、 サンプル MIDIファイル (MIDPLUGをお使いの方はこちら) を聞いてください。

この画面は曲の全体構成を把握するとともに、構成を変更するために用意されている、最も基本となる画面です。
箱の単位は小節である必要はなく、ユーザーが使いやすいように自由に設定することができます。

次の例は240小節にわたる楽曲の構成を見渡せるように縮小表示した例です。 編集しようとする箇所を視覚的に見つけ出し、該当するMIDIイベントを収容する箱をマウスでダブル・クリックすると、 キー・エディット・ウインドウ等の詳細なイベント編集用画面が開くわけです。

MTR(マルチ・トラック・レコーダー)をご存知の方なら"トラック・シート"というのをご存知でしょう。 それと同じようなものです。



● ロジカル・エディット

これまで紹介してきた編集画面はどれもマウスによる編集を基本としたものですが、 CUBASEの場合は編集画面には依存しないロジカル・エディットという機能が用意されています。

これは、要するに一括処理コマンドで、"フィルター"で処理の対象とする MIDIイベントの種類を絞り込み、 それに対して"プロセッシング"および"機能"で指定した処理を行うものです。

一見近寄りがたいものですが、慣れると非常に便利なものです。 これを使用すると次のような変更を一括して行うことができます。

  • 100を越える強さで弾いた演奏情報を100に固定する。
  • キーを押している時間が短いものを削除する。
  • ランダム・ノートを作成する。
  • ボリューム情報などの制御情報を別トラックに抽出する。....等
ただし、これを使用するには MIDIメッセージに含まれるバリュー情報の意味を理解している必要があります。


さまざまな、編集画面を紹介してきましたが、編集の手段はこれらがすべてではありません。 また、これらの全てを使いこなさなくてはならない訳でもありません。 現にどの編集画面でもやっていることは同じ、という部分が結構あるのです。

要は ユーザーが自分にとって使いやすい画面を状況に応じて各自の好みで使い分 けてゆけば良いわけです。




TO HOME


- 1996 izmi All rights Reserved. -