当サイトのインデックスと最新の更新情報はこちらのトップページに掲載されています。

TO HOME



用語別インデックス



MIDI、電子楽器関係、ならびにマルチメディア関連の用語を解説します。 当サイトの用語別インデックスとしても機能するように考慮していますが、まだ充実していません。

ADFGLMNRSTX



Jump to Top

(楽器の)鍵盤を押した状態で、さらに強く押し込んだときに何らかの効果を与える仕組みをいい、 これを出力するには、鍵盤がそれなりのセンサーを備えている必要があります。
この情報の受け渡しは次のいずれかの MIDIメッセージが使用されます。この二つは効果の影響範囲が違います。
  • チャンネル・プレッシャー
  • ポリフォニック・キー・プレッシャー
関連記述はこちら

Jump to Top

(楽器の)鍵盤を弾いた早さを強さとして検出する仕組みをいいます。 検出した情報はノート・オン・ベロシティ(あるいは単にベロシティ)として、 ノート・オン・メッセージ(MIDIメッセージ)に収容されたて受け渡されます。
現在では、極端に安価な物を除いて、たいていの鍵盤がイニシャル・タッチを備えています。

なお、ノート・オフ・ベロシティというのもあります。これは(楽器の)鍵盤から指を離した早さを示すもので、 これはノート・オフ・メッセージで送受信されますが、これに対応した機種は多くありません。
関連記述はこちら

Jump to Top

リバーブ(残響)効果のかかり具合を調整する MIDIメッセージのことです、というより"外部エフェクト"というコントロール・チェンジにリバーブがアサインされています。 詳細はこちら

Jump to Top

エフェクトの種類の中に"コーラス"という効果がありますが、これに対するかかり具合を調整する MIDIメッセージ(コントロール・チェンジ)のことを指す場合もあります。 詳細はこちら
ボリューム・ペダル、モジュレーション・ホイール等のコントローラーの情報を送受信するための MIDIメッセージ。
実際には、ノート・オン/オフ、アフター・タッチ、ピッチ・ベンド・チェンジ、プログラム・チェンジのいずれでもないものを、 すべて、コントロール・チェンジにアサインしている、と解釈した方がよさそう。 詳細はこちら

Jump to Top

「デジタル・サンプラー」を参照。
「デジタル・サンンプリング」を参照。

Jump to Top

MIDIシーケンス・ソフトウェアのこと。 詳細はこちら
コントロール・チェンジでは設定出来ない、細かな機器設定等を行うための MIDIメッセージです。 詳細はこちら

Jump to Top

MIDIを使用した演奏データのファイル形式の一つ。Windowsの場合は、拡張子が".MID"と定められている。
詳細はこちら
MIDIシーケンス・ソフトウェアに演奏データを入力する方法の一つ。 詳細はこちら

Jump to Top

サウンド・ボードの D/A(デジタル to アナログ)コンバーターを使用して、発音する MIDI音源プログラム。 最近では"ソフトMIDI"なんて言う場合もあるようです。 詳細はこちら

Jump to Top

(楽器の)鍵盤を押した状態で、さらに強く押し込んだときに出力される MIDIメッセージ。
"チャンネル..."の名が示すように、強く押し込んだのがどのキーであっても同じ MIDIチャンネルであれば、 発音中のすべての音が効果をかける対象となります。
関連記述はこちら
MIDIメッセージのうち、MIDIチャンネルを持つものの総称です。システム・エクスクルーシブ・メッセージはチャンネル・メッセージではありません。 詳細はこちら

Jump to Top

エコー(反響効果)のことです。カラオケでいうところのエコーは、実際には「リバーブ(残響効果)」と呼びます。
アナログの音声信号をデジタルに変換すること。一般に単に「サンプリング」と呼びます。 関連記述はこちら
デジタル・サンプリングを行うことのできる楽器のことですが、単にサンプリングできるだけでなく、 取り込んだサンプルをシンセサイザーの基本波形として利用することのできるシンセサイザーとも言えます。

現在ではむしろ、波形データを持たないかわりに、 デジタル・サンプリングによって波形データを作成することのできるシンセサイザー、といったほうが良いかもしれません。

ただ、最近では自分でサンプリングするよりも、 市販のサンプル・サイブラリ(サウンド・ライブラリ[CD-ROM])を使用する使い方のほうが一般的なようです。

Jump to Top

鍵盤から指をはなしたことを示す MIDIメッセージ。ノート・オン・メッセージで開始した発音を終了させるものです。
これをロストすると、音が鳴りっぱなしになります。 詳細はこちら
「イニシャル・タッチ」を参照。
鍵盤を押したことを示す MIDIメッセージ。 詳細はこちら
「イニシャル・タッチ」を参照。
鍵盤に割当てられた半音階をしめす通し番号。あくまでも鍵を識別するためもので、 鍵にごとに割当てられるべき発音ピッチ(音程)が規定されているわけではありません。 従って発音ピッチは MIDIメッセージを受信した MIDI音源の設定に依存します。 詳細はこちら

Jump to Top

プログラム・チェンジによる音色切り換えを拡張するために導入されたコントロール・チェンジ・メッセージ。 詳細はこちら
ここでは、「音の発音位置(左右)をコントロールするための MIDIメッセージ」としておきますが、 ミキサーについている音像左右位置調整つまみのことです。 詳細はこちら

Jump to Top

発音ピッチ(音程)を上げ下げするための MIDIメッセージ。ピッチ・ホイールを動かしたときに送信されます。 詳細はこちら
たいてい、(楽器の)キーボード左に付いている発音ピッチ(音程)を上げ下げ調整のホイール。 ジョイスティック・タイプのものもあります。詳細はこちら
「スタンダード MIDIファイル」を参照。

Jump to Top

音色を切り換えるための MIDIメッセージ。プログラムとは音色のことを指します。 詳細はこちら

Jump to Top

「イニシャル・タッチ」を参照。

Jump to Top

(楽器の)鍵盤を押した状態で、さらに強く押し込んだときに出力される MIDIメッセージ。
"ポリフォニック・キー..."の名が示すように、強く押し込んだキーの音のみが効果をかける対象となります。
これは、鍵盤の制作コストが高くなるんだそうで、装備している機種は多くありません。 エンソニック社のキーボードは伝統的に、これを装備する機種が多いようです。 関連記述はこちら
なんのことはない、和音を演奏できる、すなわち複数のキーを同時に弾いたとき、ちゃんとそれぞれの音が鳴るものをいいます。 いまでは、ごく特殊なものを除いて、すべてがこれです。
マルチ・パートのことではありません。念のため.......。

Jump to Top

一台のMIDI音源(シンセサイザー)の中に、MIDIチャンネルを別々に設定することのできる論理的な複数のシンセサイザーを持つものをいいます。
昔は、"マルチ・テンバー"と呼んでいましたが、現在では"マルチ・パート"という呼び方の方が一般的です。 詳細はこちら

Jump to Top

Jump to Top

音量を調整するための MIDIメッセージで、マルチ・パート音源の場合では、パートの音量バランスを設定する場合によく使用します。 詳細はこちら

Jump to Top

一般的にはビブラートの深さを調整するための MIDIメッセージ、という解釈でよいですが、 シンセサイザーの機能としてはモジュレーション(変調:音をくすぐる?)=ビブラートではありません。
GM規格ではモジュレーションをビブラートに使用しているだけのことです。 MIDIではモジュレーションが何にアサインされているかは関係無く、 単純にモジュレーション・ホイールをどれだけ動かしたかを示します。 詳細はこちら
たいてい、(楽器の)キーボード左に付いているホイール。 ジョイスティック・タイプのものもあります。この場合は横方向の移動がピッチ・ベンド、縦方向の移動がモジュレーションとして機能します。 詳細はこちら
なんのことはない、和音を演奏でない、すなわち複数のキーを同時に弾いても、いずれか一つの音しか鳴らないものをいいます。 どれが鳴るかは、後から弾いた方を優先するとか、音程が低い方を優先するとか、いろいろあります。
現在では、特殊なものを除いて、モノ・シンセは殆ど市販されていませんが、 ポリ・シンセをモノ・シンセ状態に設定することができる機種はあります。

Jump to Top

MIDIシーケンス・ソフトウェアに演奏データを入力する方法の一つ。 詳細はこちら

Jump to Top

いわゆるエコーのことですが、これを正式にはリバーブ(残響効果)といいます。 ちなみにエコーとは"やまびこ"のような効果のことをいい、これのことはディレイ(反響効果)と呼びます。

Jump to Top

A

次の2つを主な目的とした MAC OSの機能拡張です。
  • 他プログラムのバックグラウンドで、MIDIプログラムの演奏を続け、MIDIデータを送り続けます。
  • あるプログラムの入力にするために MIDIプログラム間の通信を管理します。
この Apple MIDI Managerはマッキントッシュで MIDIを扱う場合に必ずしも必要な機能拡張ではありません。 極力使用しないように推奨しているMIDIソフトも存在します。

Jump to Top

D

次に示すような最小限の、机上で完結しそうな機材構成で音楽作品を作成/アレンジ/再生して楽しむ行為。
  • パソコン
  • MIDIシーケンス・ソフト
  • MIDI音源
  • (キーボード)

パソコンをデジタル・シーケンサーとして、あくまでもツールとして使用する音楽制作形態は "DTM" という言葉が登場する以前からありました。

DTMというのは、あくまでもパソコンを使用することが重要な人たちにとっての、パソコンの1利用形態ともいえます。

現在ではほとんどの作曲家、アレンジャー等が自宅あるいはスタジオにパソコン中心とした MIDIシステムを保有していますが、 それらの人の行為を単に"DTM"と呼ぶのは適切ではないと思います。

パソコンで音楽することを目的とすることを"DTM"と呼ぶのが適切である、と思います。

Jump to Top

F

音声の周波数解析方法のひとつで、時間軸に沿った周波数分布を高さで表したものです。 FFT(Fast Fourier Transform) plot などと呼ばれます。
下の図は "Steinberg WaveLab 2.0"の解析画面です。

Jump to Top

G

MIDIメッセージの受信仕様を必要最小限の範囲で統一したもの。正式には 「GMシステム・レベル 1」と呼びます。
詳細はこちら

従来からあるGM (GENERAL MIDI SYSTEM LEVEL 1)の拡張規格("規格"というより"仕様")。 主な拡張ポイントは次のとおりです。
  • 音色の種類を128から255に拡張
  • ドラムセットが9種類まで規定された
  • チャンネル10がドラム専用ではなくなった
  • 受信を義務付るコントロールチェンジが増えた
  • その他

MIDI音源を GM状態に設定または GMの初期状態にリセットするためのユニバーサル・システム・エクスクルーシブ・メッセージ。
詳細はこちら

General MIDIを拡大して規格化したローランド社の MIDIメッセージの受信仕様。
詳細はこちら

MIDI音源を GS状態に設定または GSの初期状態にリセットするためのローランド・システム・エクスクルーシブ・メッセージ。
詳細はこちら

Jump to Top

L

MIDIメッセージでは、構造上一度に送ることの出来ない大きな桁数のパラメータを上位桁と下位桁に分けて送受信するものがあります。 下位桁を LSB、上位桁を MSBといいます。
従って、LSBならびに MSBというだけでは何のパラメータか特定出来ません。この考え方を利用して情報伝達を行うものには次の MIDIメッセージがあります。
  • バンク・セレクト(コントロール・チェンジ)
  • データ・エントリー(コントロール・チェンジ)
  • RPN(コントロール・チェンジ)
  • NRPN(コントロール・チェンジ)

Jump to Top

M

Windowsでの、スタンダード MIDIファイルの拡張子。
電子楽器間のコミュニケーションを目的とした世界共通の通信プロトコル。"音"自体ではなく、演奏者が電子楽器に対して行った行為を信号化し、送受信します。
最近では、楽器のみならず音響機器の制御にまで応用範囲が広がってきています。"Basics"を参照。

最近ではスタンダードMIDIファイル(拡張子MID)のファイルのことをさして単に「MIDI」と呼ぶPCユーザーが増えています。

MIDIシーケンス・ソフトに取り込まれた MIDIメッセージはもはや"メッセージ"ではなく、ソフト独自の内部フォーマットに変換されていますが、 MIDIシーケンス・ソフトは演奏情報を編集する場合には、元の MIDIメッセージをイメージしやすいように、 かつ、編集しやすいようにグラフィカルに演奏情報を画面に表示してくれます。

MIDIに準拠した演奏情報を特に形式(メッセージなどの)とらわれないで表現するときに MIDIイベントという言葉を使います。 関連記述はこちら

MIDI音源のマニュアルの最後の方に記載されている、いかにも「読むな!」と言わんばかりの、MIDI対応仕様解説のこと。 詳細はこちら
MIDIインプリメンテーションの大まかなところを表形式でまとめたもの。 詳細はこちら
MIDIメッセージを受信して楽器を発音することのできる機器の総称。 ソフト・シンセサイザーのように 波形データとオーディオ・ボードが別の物については波形データをもつ側が MIDI音源ということになります。

現在市販されている(楽器の)キーボードは殆ど全てが MIDI端子をしているため、これらは全て MIDI音源と言うことができます。

それらの楽器から鍵盤部分を取り除いたものをMIDI音源モジュールと呼びます。

MIDI音源モジュールの中で、いわゆる DTM寄りにふった商品がローランド社のサウンド・キャンパス・シリーズや、ヤマハ社の MUシリーズということになります。


ちなみにローランドでは MIDI音源モジュールを "MIDI SOUND GENERATOR"と、 ヤマハでは "TONE GENERATOR"と呼んでいるようですが、いずれも"MIDI音源モジュール"を指しています。

MIDIを使用する演奏データを再生/編集するためのソフトウェア。パソコンをデジタル・シーケンサーとして使用するためのソフトウェア。 詳細はこちら
MIDIシーケンス・ソフトの「MIDIスルー)」とは、 MIDI IN端子から入ってきた演奏情報を、そのまま MIDI OUT端子へ送り出すことを指します。

すなわち、シーケンス・ソフトに演奏情報を記録しながら MIDI音源での発音をモニターしたい場合に、 これを"Active"状態にする必要があります。

また、音源を持つキーボードを入力兼は音声出力用に使用する場合は、これを"Inactive"状態にしないと、 鍵盤から直接音源に送られる演奏情報とシーケンス・ソフトを経由して返ってきた演奏情報を二重にならす状態になる場合があります。

音源を持つキーボードにも、キーボードと音源部の内部接続をカットするスイッチを装備するものがあります(ローカル・キーボードON/OFF)。

ローカル・キーボードを OFFにして シーケンス・ソフトの MIDIスルーを ONにするべきか、あるいは逆に設定するべきかは、 使用する MIDI機器の接続形態によると思いますが、特に問題無ければ MIDIメッセージの流れがシンプルな前者を選択するのが良いと思います。

MIDI規格で定めている楽器間コミュニケーション用データ形式。PC畑の人の中には、これのことを MIDIコマンドと呼ぶ人がいますが、 正式には MIDIメッセージと呼びます。
ちなみに、MIDIメッセージは、一部の特殊な場合をのぞいて、基本的にタレ流し形式で、受信側の応答を待ちません。 詳細はこちら
電子楽器に装備する MIDIメッセージ入力用ポートです。詳細はこちら
電子楽器に装備する MIDIメッセージ出力用ポートです。 ここから、出力されるのはあくまでも、その楽器自体が出力する MIDIメッセージのみで、 MIDI IN端子から入ってきた MIDIメッセージは出力されません。詳細はこちら
MIDI THRU(スルー)端子を装備しない機種では、MIDI IN端子から入ってきた MIDIメッセージも出力することのできるものがあるようです。
電子楽器に装備する MIDIメッセージ出力用ポートです。 ここから、出力されるのは、MIDI IN端子から入ってきた MIDIメッセージでのみで、その楽器自体が出力する MIDIメッセージは含まれません。 詳細はこちら
最近話題のデジタルオーディオの圧縮方式の一つ。
MD,リアルオーディオやSoundVQと同様に聴感上の妥協点を設定して行う破壊型圧縮。 要するに、ZIP,LHA等のように完全に元に戻せる(非破壊)タイプではなく、 情報の一部を削除してしまうため、変換すると完全な元の状態に復元することはできない。

変換自体はデジタルオーディオファイル(Windows環境であれば.wav、MacであればAIFFが一般的)を MP3エンコーダー・ソフト使用して、普通のパソコンでだれでも行うことができる。

音楽作品を配信する立場の者にとっては、音源性能に依存してしまうMIDIファイル形式の代替手段として 重要技術であるが、小さく圧縮できるとはいっても、 ステレオでほぼ納得の行く音質をキープしたければ1分当たり約1M程度のファイルサイズは覚悟しなくてはならない。
素人の音楽作品は周波数バランスやレベル調整のまずいものが多いせいか、高圧縮を指定すると音質劣化が目立つ(少なくとも私のは劣化が目立つ)。
[1999.9記]

「LSB」を参照。
ヤマハ社製 MIDI音源モジュールの商品名。

Jump to Top

N

ノン・レジスタード・パラメータ・ナンバーの略で、MIDIメッセージのコントロール・チェンジの一つです。 "ノン・レジスタード"とは MIDI規格が内容を規定しておらず、楽器メーカーが自由に内容を決めてもよいことを示しています。
GSフォーマットや XGフォーマットでは、これを独自に使用しています。 詳細はこちら

Jump to Top

R

リアル・オーディオ用ファイルの拡張子。
.wavなどのデジタル・オーディオ・ファイルから、リアル・オーディオ・エンコーダーを使用して作成することができますが、 この形式のファイルを単純にアンカー・タグで HTMLに貼り付けてもリアルタイム再生にはなりません。
WEBサーバーにリアルオーディオ・サーバーが導入されている必要があります。
リアル・オーディオ用ファイルの拡張子。
ramファイルはパラメータ・ファイルの様なテキストファイルで、ここに raファイルの所在を記述し、 HTMLからは ramファイルの方にリンクを張ることになります。
レジスタード・パラメータ・ナンバーの略で、MIDIメッセージのコントロール・チェンジの一つです。 "レジスタード"とは MIDI規格が内容を規定していることを示します。 詳細はこちら

Jump to Top

S

ローランド社製 MIDI音源モジュールの商品名。
「スタンダードMIDIファイル」を参照。
ショックウェーブ・ストリーミング・オーディオ・ファイルの拡張子。
デジタル・オーディオ・ファイルをショックウェーブ用に圧縮(ショック化)したもので、これを作成するには "Sound Edit 16"(マクロメデイア社のソフト)に取り込んだデジタル・オーディオをショック化用のプラグインを使用しなければなりません。
また、SWAファイルは単独では鳴らすことができず、同じくショック化したディレクター・ムービーがプレーヤとして必要になります。
HTMLから実行を指定するのはあくまでもディレクター・ムービーで、そのムービーが SWAファイルをオープンします。

ただし、汎用的なプレーヤ用ムービーが SWAショック化用プラグインに添付されているため、Directorは必ずしも必要ありません。

Jump to Top

X

YAMAHA社製 MIDI音源モジュールの動作モードの 1つ。
関連記述はこちら

Jump to Top

X

General MIDIを拡大して規格化したヤマハ社の MIDIメッセージの受信仕様。
詳細はこちら

MIDI音源を XG状態に設定または XGの初期状態にリセットするためのヤマハ・システム・エクスクルーシブ・メッセージ。
詳細はこちら





TO HOME


- 1996 izmi All rights Reserved. -