TO HOME
 FAQ 2002e

FAQ一覧

Q.240 シンセ(TRITON LE)を買ったが、店頭で聴いたクオリティーの高い音で鳴らない
質問内容
KORG社のTRITON LEというシンセサイザーを音源として使うために購入しました。 今まではRoland社のSC88PROを音源として使っていたのですが、楽器やさんで聞いた あまりにクオリティーの高い音質にひかれた次第です。
そこで、SC88PROをインターフェイスとして使用することを思いつき、 SC88PROのMIDI OUTからTRITON LEのMIDI INへMIDIケーブルでつなげました。 そして、パソコンで製作してあるMIDIファイルや、INTERNET社のSINGER SONG  WRITER5.0VSで製作したSSWファイルを演奏させたのですが・・・
TRITON LEから奏でられる音は設定した音とはかけ離れた音でした。 もう、1ヶ月くらい前に購入し、KORG社に相談しながらやっているのですが、どうに もこうにもなりません。
TRITON LEの説明書を読んでも、音源として使用できると書いてあるし、 もちろん、その設定方法は読んでます。 シンセサイザーを購入したのが初めてで理解できない部分がほとんどですが・・・

これだけ、聞いて、おかしいと思われるのはやはり、シンセサイザー(TRITON LE) の設定だけでしょうか? なにか、あやしい部分はありませんか?
それと、KORG TRITON系の機材をご存知でしたら、設定方法を教えていただきたいの ですが… CONVERT POSITIONをPOST MIDIに設定して演奏中はシーケンサーモードにするところ は理解しているのですが そろそろお手上げです…
(2002.9.24)

A
> TRITON LEから奏でられる音は設定した音とはかけ離れた音でした。
この部分の「かけ離れた音」という部分ですが、これは 「そもそも違う楽器の音が鳴る(ピアノのパートがギターの音で鳴るとか)」 ということなのか、それとも 「ストリングスのパートは確かにストリングス系の音なのだが、 店頭で試演したときに聞いたリッチな音とは全然違ってチープな音」 というような感じなのか、どちらなんでしょうか?
パソコンで製作してあるMIDIファイル....SSWファイル
この作成済みのファイルに"GMオン"が入っていれば、おそらくTRITON LEはGMモードに切替わり、内蔵のGM音色が鳴るのだと思います。 この音は、店頭で試奏した音よりもかなりチープだと思います。 また、ファイルに"GMオン"がなく、プログラム・チェンジのみが入っている場合は、意図した楽器音とはかけはなれた音で鳴ると思います。 ファイルに演奏情報以外にどのような制御情報が入っているのか興味深いですね。


さて、シンセサイザーのプリセット・ボイスは、その機種の持てる全機能を総動員して作りこまれています。 実際の音楽製作の場で使うことの出来る音色ももちろん多数入ってますが、 聞き手のインパクトのみを狙った実際には使えないであろう音色もまた多く収容されています。 プリセットボイスはデモンストレーションという側面も持ってるわけです。
TRITON LEはM1依頼の伝統に従って、プログラム、コンビネーション、シーケンサーの三つのモードを持っているようです。 シンセサイザーならではの壮大なアンサンブル系の音色を手弾きする場合にはコンビネーション・モード、 既成楽器音の演奏にはあまりリッチすぎないプログラムモードが丁度よいのでしょう。シーケンサー・モードは少し特殊ですが、 DTMシステムで使用する場合は16マルチティンバーであることが利点になるでしょう。
サウンド・キャンパスなどのDT音源の各楽器音は前述の”プログラム”に相当します。 TRITON LEのシーケンサー・モードで使用する各パートも”プログラム”に相当するはずです。 ところが、この場合の"プログラム”ではエフェクターの使い方に制約が生じると思います。
プログラムモードの場合はBTRITON LEのエフェクターの特定の音色の音作りのために使えますが、 DTM音源として使用する場合はリバーブとコーラスなど最小限エフェクターを空間処理のために残しておかなくてはなりません。 そうすると音作りに使えるエフェクターが1か2系統程度ということになってしまいます。 シンセサイザーの音作りに占めるエフェクターの役割は非常に大きいので、エフェクターの制限は大きな制約になってしまいます。 どんなにインパクトのある音でも、エフェクトをOFFにすると思わず「えっ!」と感じて、ガッカリしてしまう場合が少なくないのです。

店頭で試奏したときのモードは”コンビネーション・モード”だったのではないでしょうか? このモードはプログラム・モードよりもさらにリッチな音が出せるモードですが、 プログラム・モードと同様に、このモードで得られる音色群をシーケンスモードにおいて16マルチで使うことはできません。 ボイス数やエフェクター数などが足りないからです。
コンビネーション・モードでしか出ない音をどうしても複数同時に鳴らしたい場合は、そのシンセサイザーをもうひとつ調達しなければなりません。 だからおなじ機種をいくつも買う人がいるわけです。

基本的にはSC-88PROをマルチ音源として使い、ここぞ!という部分(パート)でTRITON LEのコンビネーション・モードの音を使うのがよいと、私は思います。




Q.239 打込み用キーボード+MIDI I/F付きMIDI音源に音源モジュールをもう一つ加えたいが、どう繋げば良い?
質問内容
現在ローランドのSD−90を使っていもうますが,最近もう1台音源が欲しくなり, E−muのPROTEUS1000を購入したいと思っています。 しかし,初心者なもので接続の仕方がさっぱりわかりません。
自分はその2つの音源と音源なしキーボードで曲を作りたいと思っています。 詳しい接続の仕方,別途購入しなければいけない物があったら教えていただきたいのですが。 ちなみに音源とPCとはUSBでつないでいます。OSはWindowsXPです。
また,他のおすすめの音源(PCM)がありましたらそれも教えていただきたいです。
(2002.9.20)
A
SD-90はMIDI音源、オーディオ・インターフェース、オーディオ・エフェクト、デジタル・ミキサー、MIDIインターフェースが一緒になった製品ですね。 お使いのキーボ−ドの機種が分かりませんが、打込み専用の音源無しのキーボードだとすると、PROTEUSとの接続は次のような感じで良いと思います。 PROTEUSのMIDI OUTを繋ぐかどうかは使い方によります。



他のおすすめの音源(PCM)がありましたらそれも教えていただきたいです
ローランドの音源がある(SD-90)わけですから、他社音源が良いでしょう。 PRPOTES1000の音は聞いた事はありません(古いですがPROTEUS 2/XRは今でも持っています)が、個人的にはこの選択には賛成です。
ただ、これはDTM音源とはとは思わない方が良いと思います。 国産機にありがちな、エフェクトでごまかした異常にリッチなハッタリの効いた(実際にはあまり使い道の無い)音は、 あまりプリセットされていないような気がします。また、16マルチの割には高価な商品だと思われるかもしれません。 こいつはもっとちゃんとした楽器で、機能より質を重視したワールドワイドな製品です。長く使えると思います。






Q.238 Windows XPがMIDIキーボードを認識しない
質問内容
僕はローランドのU-8とMIDI音源SC8820とcubasisをつかっていますがウィンドウズ98ではcubasis使用時キーボードが認識するんですがXPでは認識しません。 U-8は基本的に98用にできてるみたいですが、アップデートしてMIDIオーディオインターフェ−スとして使用できるはずなんですが、 キーボードは認識しません。どれに問題があるのでしょうか?
(2002.9.18)
A
残念ながら当方にはXPが無いのです(当方のCUBASEはWIN98で動いています)。 XPには触れたことすらない有り様なので、有効なアドバイスを送ることができません。
御使用のMIDIインターフェースの開発元に相談する事をお勧めします。
お役に立てず、残念です。 なおこれを機に、XP環境導入の時期を早める方向で検討する事に致します。






Q.237 OMSに対応した”シリアル−USB変換ディバイス”を知りませんか?
質問内容
先日新しいPBG4に買い換えたのですが、当方のDTM環境ではシリアルポートが 必要になっています。そこでKEYSPAN社から発売されているシリアル−USB変換ディバ イスを購入したのですが、OMSに対応していないのです。
その後色々と探してみたのですが、PBに接続できるディバイスが見つかりませんでした。 なにかいい方や商品をご存じでしたらぜひ教えてください。
(2002.9.18)
A
残念ながら当方には該当する商品に関する知識がありません。 ただ、OMSに対応した”シリアルーUSB変換ディバイス”というのは存在しないと思い ます。
お使いのシーケンスソフトのユーザー・サポートに相談してみてはどうでしょうか。 メーカーならば、さまざまな事例を押さえていると思います。






Q.236 CUBASE VST5 for WINでコンプやリミッターなどをかけると、プチプチいう。
質問内容
CUBASE VST5 for WINですが、コンプやリミッターなどのダイナミクス系のエフェクトをかけると、ぶちぶちいい始めてしまって困っています。 どのようにすれば解決できるでしょうか。また、全体のテンポが遅くなります。
何もダイナミクス系のことをいじらない状態であればぶちぶちいいません。
ちなみに使用PCは、 などです。

貴サイトFAQ207のところにありましたが、ミステイクのオーディオテイクを頻繁に削除していました。間違えたら、Ctrl+Back Spaceで永久的に削除、してました。やはりそれはしないほうがよろしいのでしょうか。 不要になったオーディオファイルは後でまとめて削除という形がいいのでしょうか。
(2002.9.17)

A
当方のCubaseはCubase VST/32 for Win V5.1R1です。これを、下に示すような、今と なってはかなり非力なPCで使用しています。 この状態で、 当サイトの FAQ Q207 の回答に示した位のオーディオトラックを扱えます (ちなみにこの状態は全トラックのコンプレッサーをONにしています)。
ところが、私のところでもたまにはプチプチ音が出たり、録音してみると音が途切れているときがあります。 その場合、Cubaseを再起動したり、それで解消しなければPCの再起動を行なっています。
また特定のトラックにダイナミクス系のエフェクトをかけると、そのトラックのみ発 音が遅れる事象が私のところでは発生します。そのため、掛ける掛けないは別として 全トラックのエフェクトをONにするなどして工夫しています。

さて、御質問のケースでは特にこれが原因だ、といえるようなものは思いつかないのですが、 やはりどこかに負荷が掛かっているのだと思います。 ひとつ気になるのは80GのHDです。これはWINDOWS自体がインストールされているPC内蔵HDでしょうか? もしそううだとすれば、WINDOWS自体のアクセスも行われると思うので、余計な負荷がかかっているかもしれません。 外付けHDでも状況に変化が見られないかを試してみたいところです。
たしか、Cubaseのマニュアルのどこかにブートディスク(OSシステムが入っている ディスク)へのレコーディングは推奨しないような記述を読んだ記憶があるのですが さだかではありません。 大きなファイルを複数並行に、しかもリアルタイムに読み書きする必要のあるソフ トの場合は、ブートディスクにデータを置かない方が良いと思います。 ただし、これがプチプチの原因であると断言する事はできないのが残念です。

「ミステイクの頻繁な削除」ですが、アレンジウインドウ上のオーディオトラックを削除するのは問題ないと思います。 しかしながら、オーディオPOOLからオーディオファイルを削除した場合はデフラグも行なったほうが良いと思います。
ところがデフラグは結構な時間を必要とするので、必然的に不要なファイルがある程度溜まってからまとめて削除して、 デフラグを行なう事になる、ということです。
ただ、これはあくまでも私の経験上でのことなので、だれの環境にも当てはまるのか は断言できません。 曲の長さや、一回のテイクの長短によっても事情が変ってくる気がします。

私の使い方をもう少し具体的に書くとこんな感じです。1〜2週間に一回程度、その 日の音楽制作活動が終ったら次のようにします。

  1. オーディオPOOLの「不用ファイルを削除(Delete Unused Files)」実行
  2. Cubaseを終了させる
  3. デフラグ(Windowsのシステムツール)を実行
  4. パソコンのディスプレイの電源だけ落として、デフラグしながらその日は寝る

参考になったでしょうか。






Q.235 Cubaseのステップ・レコ−ディングでは選んだ音符の長さにあわせて自動的にソングポジション移動できない?
質問内容
ステップ録音で打ち込む時にクオンタイズ(選んだ音符の長さ)と同じ分自動的に移動させたい のですが、Cubaseでは打ち込むごとにスナップ値も変えなければいけないのでしょうか? YAMAHAのXGworksというソフトも使っているのですが、それは選んだ音符の長さにあわせて自動的にソングポジションが移動します。 CUBASEではできないのでしょうか?
(2002.8.12)
A
数字キー(テンキーでないほう)を押すと音符の選択できるのを御存知ですか? この場合はスナップとクオンタイズが同時に変ります。試してみて下さい。

【↑汚いキーボードですみません(^^;】








Q.234 Cubaseのオーディオ設定の処理優先度設定が良く分からない
質問内容
オーディオの設定で処理優先度が4タイプあるのですがその内容が分かりません。 説明書とは何か違うみたいなんです。 VST/32 ver5.1 WINでは表示が1タイプ、2タイプ、3タイプ、4タイプとしか 表示されないんです。ですのでそれが説明書のどの種類にあたるものなのかご存知でしたら教えて下さい。
(2002.8.11)
A
私の普段の設定は3っ目が選ばれた状態になってました。というのも、この設定は意識したことがありませんでした。 今回初めてマニュアルの該当箇所を読んでみましたが、「書いてあるとおりなんだろうなあ」としか思いませんでした。 設定と実際の動きがちがうのならばCUBASEのバグかもしれないので、ユーザーサポートに問い合わせてみれば良いと思います。
私のCUBASEの場合は”Scheme 3”のように表示されます。確かに日本語マニュアルにはどれにあたるのか詳しい説明が出ていないようですね。 helpを押すと英語の説明が表示されます。これには少し具体的な説明が出ているようです。がんばって翻訳してください。
あと、どうしててもわからない場合はcubaseのユーザーサポートに問い合わせたほうが、正確な回答を得られると思います。








Q.233 CubaseのMIDIトラックで外部シンセを鳴らしながらオーディオ・トラックに録音したいが、うまくいかない
質問内容
CUBASE/32を使い始めた初心者です。 下記のような事がしたいのですが説明書を読んでもできません。 どうかよろしくお願い致します。
やりたい事は、CUBASEでMIDIトラックを作ってUSBのMIDIインターフェイスを使っ て外部のMIDI音源を鳴らして、その音をオーディオインタフェイスで取り込んで、CUBASEのオーディオトラッ クに録音したいんですけど、何故かできないんです。 録音ボタンを押してソングポジションは動いているんですが、音も出ませんし、録音 もされていません。 ストップを押した時にわずかに音が出ます。説明書も読んでいるのですが良く分かり ません。
オーディオトラックの録音の仕方は分かるのですが同じようにやってもできません。 実際にオーディオトラックだけの録音はできました。その時は録音されているは出て いました(モニターできました)。 どうか方法、設定を教えて下さい。
(2002.8.8)
A
これ、特に特殊な設定はありません。「オーディオトラックだけの録音はできた」とありますが、オーディオ設定はそのままで良いはずです。 Cubase自信は、オーディオインタフェースから入ってくる音声が、自CubaseのMIDIトラックから鳴らしたものかどうかなど知らないからです。
これらがOKならば問題ないと思います。

FAQに類似ケースがあるので参照してみてください。

Q.230 「6.1 MIDIファイルをWAV(AIFF)ファイルに変換する」の部分をもう少し具体的に教えて欲しいのですが..





Q.232 Cubaseのステップレコーディング時に自動的にソングポジションを移動させたい
質問内容
CUBASEのスコアでSTEPレコーディング(外部のMIDIキーボードを使って)をしたのですが ソングポジションを自動的に移動させるのはどうすればいいのでしょうか。 鍵盤を離した時に打ち込んだ音符の分、移動させたいです。
例えばMIDIキーボードの鍵盤を押して離して全音符を打ち込んだ時にソングポジションが次の小節に移動しているというような感じです。
(2002.8.6)
A
SNAPの指定値がOFFになっているのではないでしょうか。例えば下図のように”4”にしておくと、自動的に4分音符分自動的に移動するようになると思います。








Q.231 DTMシステム(パフォーマー + SC-8850)にサンプラー(CD3000XL)を加えたいのだが...
質問内容
現在僕はPowerMac G3 500MHzで、シーケンサ−はDigital Performer 3.0、音源はRolandのSC-8850を使って1年半、MIDIのみで打ち込みを続けてきました。 そろそろ音のクオリティーをあげたいと思いサンプラーを購入しようと思ってます。 サンプラーはAKAIのCD3000XLを購入しようと思います。
お伺いしたいのはここからなんですが、まず

(1)音源とサンプラーを同時に鳴らしたい時に、CD3000XLのLINE OUTからSC-8850のLINE INに接続して、SC8850にヘッドフォンをさせば同時に音は聞こえるのでしょうか?ちなみにミキサーは持っていません。

(2)CD3000XLにはエフェクトが入っていませんが、デジパフォのプラグインエフェクトで、サンプラーから貼り付けたり打ち込んだりした音にエフェクトはかけられるのでしょうか?また、かけられたとして、エフェクトの質はどうなのでしょうか?単体のエフェクタ−かミキサーを買うべきでしょうか?

(3)サンプリングして編集したデータはPC内蔵のCD-RWで保存できるのでしょうか?
(2002.6.24)

A
(1)音源とサンプラーを同時に鳴らしたい時に、CD3000XLのLINE OUTからSC-8850の LINE INに接続して、SC8850にヘッドフォンをさせば同時に音は聞こえるのでしょう か?ちなみにミキサーは持っていません。
私はSC-8850のユーザーではないのでハッキリとは言えませんが、これまでのローラ ンド社のDTM音源の仕様を見る限りでは聞えると思います。このあたりはSC-8850の取 説に説明が書かれていると思います。
(2)CD3000XLにはエフェクトが入っていませんが、デジパフォのプラグインエフェ クトで、サンプラーから貼り付けたり打ち込んだりした音にエフェクトはかけられる のでしょうか?また、かけられたとして、エフェクトの質はどうなのでしょうか?単 体のエフェクタ−かミキサーを買うべきでしょうか?
私はパフォーマーのユーザーではないので同ソフトのエフェクト音を聞いた事はあり ませんが、プロユーズに耐えるソフトですから、充分に使える音質が選られると思い ます。
サンプラーからの音をパート(楽器)別にハードディスク・レコーディングすればC PUパワーの許す限り、トラックごとに個別のエフェクトがかけられると思います。 ただ、サンプラーをMIDIで鳴らし、モニターする音にエフェクトをかけたいがた めにサンプラーのLINEOUTからデジタルパフォーマーに戻してエフェクトをかける 場合には、複数の入力を持つオーディオインタフェースが無ければ、任意の楽器にエ フェクトを掛けられない点が不便だと思います。
「単体のエフェクタ−かミキサーを買うべきでしょうか?」さてどうでしょうか?ど の程度お金をかけられるか、また、どのような作品制作形態をとるかによると思いま す。とりあえず買わずにおいて、不満が出た段階で機材追加を検討されてはどうで しょうか。
(3)サンプリングして編集したデータはPC内蔵のCD-RWで保存できるのでしょうか?
CD3000は基本的にはプレイバック・サンプラーで、サンプリングするにはオプ ションの装着が必要だった様に記憶しています(XLになてからサンプリング可能に なったんでしたっけ?)。最大の特徴はCD-ROMドライブが内蔵されいる点で、それに よって仕様可能な外付けCD-ROMドライブを探す煩わしさから解放してくれる製品です よね。
たしか、SCSIインタフェースはあらかじめ内蔵されていたと思います。MACとSC SIで接続できればデータのやるとりができるかもしれませんが、このあたりはAK AIに問い合わせたほうが良いと思います。
私はS6000のユーザーなのですが、一応PCとSCSIで接続して、PCからみれば 外付けSCSI機器のように扱う事ができるようになっているようですが、AKAI は保証はしていないように思えます。

CD3000はかなり古く、カタログ落ちして久しい機種と記憶しています。メモ リーサイズは小さいし、内蔵CD−ROMドライブも遅いと思います。将来的なOS バージョンアップももう無いでしょう。CD3000とともに現行機種を購入する選 択肢も視野に入れて検討してみたほうが良いと思います。
CD3000が発売されたとき、サウンドライブラリCD−ROMが数枚付属してた のが最大のアドバンテージでした。付属するライブラリの値段を考えればCD3000本体の値段はタダみたい なものだったんです。
でも今ではCD3000でなくてもキャンペーンなどでライブラリがいっぱいバンド ルされているケースがありあす。




Q.230 「6.1 MIDIファイルをWAV(AIFF)ファイルに変換する」の部分をもう少し具体的に教えて欲しいのですが...
質問内容
わからないことがあったので、大変恐縮ですがご回答いただけると幸いです。

6.1 MIDIファイルをWAV(AIFF)ファイルに変換する

まさにこのタイトルの通りのことがしたくてこの項目を見たのですが、 より具体的にどのようにすればいいのでしょうか。 今WINDOWSでCUBASE VST5.1使っているのですが、 持っている外部音源の音を取り込んでMIDIをWAVEにしたいので、 どう操作すればいいのかわからなかったので質問させていただきました。
(2002.6.23)

A
基本的には該当ページの次の部分で概説している通りです。

WAVファイルにしたいMIDIトラックはすでに作成済みとします(@)。そのMIDIトラックをプレイバックしながら、CUBASEのオーディオ・トラックに(図の”Audio Part”)にハードディスクレコーディングするわけです。従って、作成済みのMIDIトラックの演奏が送り込まれるMIDI楽器のオーディオ出力(LINE OUT)をパソコンのオーディオ・インターフェースのLINE INに接続する必要があります。次に接続したLINE INに該当するCUBASE上の入力ポートをアクティブにします(A)。

AのVST Inputの背後にグレーのミキサーのような画面が見えますが、これはYAMAHA DSP FACTORY特有のコントロール画面なので、ちがうオ−ディオ・インタフェースの場合はありません(このあたりが使用するオーディオ・インターフェースごとに事情が大きくことなる部分で、一概にお教えできない部分です)。

この状態でCUBASEをプレイバック状態(B)にすると、楽器からの音声入力がCUBASEに届いていれば各種のオーディオ・レベルメーターが振れ始めます。 VSTのチャンネル・ミキサー1はINの部分を黄色に点灯(C)させなければ、オーディオ入力のモニターになりません。



この情態でCUBASEの録音ボタンを押すと、Audio Partという名のオーディオ・トラックが選択されているので、デジタル・オーディオ・録音となり、オーディオ・インタフェースのLINE INに接続した音声がデジタルでハードディスクに録音されます。録音されるファイルはWindowsの場合はwavファイル形式になります。



一番やっかいなのは次の部分です。
この状態でCUBASEをプレイバック状態(B)にすると、楽器からの音声入力がCUBASEに届いていれば各種のオーディオ・レベルメーターが振れ始めます。
レベルメータが振れない場合、すなわち、Cubaseにオーディオ入力がうまく届いていない場合です。 ところがこの場合の問題点は使用するオーディオ・インタフェースの製品使用に依存する部分が大きく、私の環境と異なるものの場合は、具体的な設定方法をお教えすることが出来ないのです。




Q.229 ジョイスティック・ポートを利用したMIDI接続では、早い手弾き演奏で取りこぼしが多発する?
質問内容
先日、サウンドブラスターとmidi鍵盤を接続するケーブルを購入しました。 ヤマハ製の電気ピアノに接続し、Cakewalkで打ち込めるか試してみました。 音は鳴るのは確認できたのですが、かなりの確率で、なっても音が鳴りやまなか ったり、始めに音が出ずもう一度打鍵しないと音が出なかったりします。 これは早いパッセージなどで特に顕著な気がします。

〜環境〜
◎富士通製PC
◎MMX200、96MB(mem)
◎サウンドブラスタAWE64

色々の設定(Cakewalkでの同期関連やSBの設定周り、リソース等) をいじくったのですが、全く効果がありません。 鍵盤の方には”同時発音数16”と書いてあったのですが、これはあくまでも 鍵盤で単体使用の時だけの数字ですよね?
以前サウンドブラスタ経由での接続ではデータの取りこぼしがでると 聴いたことがあるのですが、それにしては実用に耐えなさすぎると思います。 一体どの程度の取りこぼしがあるのでしょうか?
また、使っている鍵盤はよく見たらかなり昔の物でした。 MIDIもGM等の規格以前の物のようです。
(2002.6.23)

A
音は鳴るのは確認できたのですが、かなりの確率で、なっても音が鳴りやまなか ったり、始めに音が出ずもう一度打鍵しないと音が出なかったりします。
おっしゃるように、これはデータ(MIDIメッセージ)の取りこぼしが 発生しているのだと思います。 MIDIでは鍵盤のあるキーを押したとき、「キーを押したよ」というメッセージが送ら れます。このメッセージにはキー番号も含まれています。キーを放したときには同じ ように「キーを放したよ」というメッセージが送られます。もちろんこれにもキー番 号が含まれます。前者がロストしたときは発音せず、後者がロストすれば音は鳴りっ ぱなしになるわけです。
取りこぼしの原因ですが、CPUパワーは大丈夫なのでしょうか? お使いのPCはCakewalkのシステム要件を満たしているのかどうかが 気になります。 パワー不足の場合にはMIDIメッセージの取りこぼしが発生しやすくなると思います。 また、要件は満たしていても、同時に起動しているソフトの負荷なども関係するかも しれません。 Cakewalkもオーディオを扱う事が出来ると思います。同時にオーディオを扱っている 場合はCake自信の負荷も大きいと思います。
鍵盤の方には”同時発音数16”と書いてあったのですが、これはあくまでも 鍵盤で単体使用の時だけの数字ですよね?
これは多分ピアノの内蔵音源の仕様の事だと思います。
以前サウンドブラスタ経由での接続ではデータの取りこぼしがでると 聴いたことがあるのですが、それにしては実用に耐えなさすぎると思います。 一体どの程度の取りこぼしがあるのでしょうか?
サウンドブラスタの場合のみ取りこぼしが発生し得るということはないでしょう。私 もこの形態を利用していたことがありますが、実用上問題はありませんでした。
私がジョイスティックポートを使用していたのは、Windows95が発売されて間もない ころで、当時のPCはPentium 120MHz 16M RAM でした。使用ソフトはWindows版初期 のCubaseでした。 サウンドカードはサウンドブラスター互換のもので、クリエイティブ社のものではあ りませんでした。
ジョイスティックポートを使用する方法は、最もCPUに負荷がかからないような気 が個人的にはするのですが....。 MIDIインターフェース機能が正しく動作している限り、手弾きでの問題は特に発 生しないと思います。 なんせ、 16パートのマルチMIDI音源を鳴らす使い方がごく普通に行なわれるの ですから、いくら速くても手弾きなどたかが知れている と思います。
また、使っている鍵盤はよく見たらかなり昔の物でした。 MIDIもGM等の規格以前の物のようです。
GM規格というのはあくあでも音源部分の仕様なので、鍵盤を弾いてMIDI OUTから演奏情 報を出力させる部分には関係ありません。 またGM規格でないから古い、ということはないんですよ。現在でも高価なシンセサイザーはGM規格ではありません。

MIDI規格が出来上って間も無いころ(20年くらいまえ)は楽器側の問題でMI DIメッセージのロストがよく発生したものです。そういう意味では楽器側の問題で あるということも否定できないかもしれませんね。楽器側の問題を確認するには、別 の鍵盤を繋いで比較するのが手っ取り早いのですが、お知合いにシンセを持っている 人がいませんか?

本件は取りこぼしが発生しているのは間違いないと思うのですが、それがどこで発生 しているのかを突き止めるのは少しやっかいですね。おかしいと思われる部分を他の ものに変えてみるのが原因究明の近道だと思いますが、むずかしいところですね。
ただ、ジョイスティックポートを使用する方法は、正常に機能している限り、手弾きで問題が出るほど貧弱なものではないとだけは言えると思います。 取りこぼし/ロストが多発する場合、なにか別の原因の可能性も視野にいれたほうが良いと思います。ケーブルの接触が悪い、なんてことも原因になりえます。




Q.228 サウンドカードは96.000KHzまで対応しているが、44.100KHzしか選べない。
質問内容
「オーディオシステム設定」の部分でなんですが、 イマイチ分からないんです。私のカードは96.000KHzまで録音可能 ですが、ASIO device setup で「Analog Record」にすると96.000KHz までのサンプリングレートが選べるのですが「Adat Record」をチェックすると どんな事をしても「サンプリングレートを変更できません。外部のオーディオ クロックを確認してください。」とエラーメッセージが出てきて 44.100KHzしか選べないんです。Adatでは96.000KHzは選べないのですか?

ちなみに私のレコーディングの環境は
シンセ類→アナログ→01V(ミクサー)→Adat→PC(カードはProdif96pro)
OSはwindows me
CPU PentiumV800です。
(2002.6.22)
A
デジタル録音機の場合、相手がアナログ(アナログ端子を使う場合)の場合は用意されている中から任意のサンプリング・レートを選ぶ事ができます。 ところが相手がデジタルの場合(デジタル I/O端子を使う場合)は、自分と相手のクロックの同期を取る必要が生じます。 2台程度機器構成の場合は再生側のクロックに録音側を合せる事になります(再生側がクロック・マスター)が、デジタル機器が3つを越えると少し面倒なことになります。

添付して下さった画像をみると、おそらくADATのクロックでCUBASEを動作させる設定だと思います。 ADATは例えばXT20の場合は44.1または48kHzのサンプリンしか選ぶ事ができないため、 PCのサウンドカードが96kHzに対応していたとしても、それを使用する事は出来ません。
お使いのADATの機種がわかりませんが、44.1KHzしか選べない機種の場合は必然的に44.1kHzで同期させる事になると思います。

そこで96kHzでアナログ端子を利用する場合と44.1kHzでデジタル録音する場合のどちらが音が良いか?という問題になると思います。 これはA/D、D/Aコンバーターのクオリティの問題になるため一概には言えません。御自分の耳で判断されると良いと思います。






TO HOME


- 1996-2002 izmi All rights Reserved. -