TO HOME
 FAQ 2002b

FAQ一覧

Q.206 『USB⇔パラレルプリンターケーブル』で25ピンに変換したら CUBASEのハードキーは使える?
質問内容
現在、私はCubasisを使用していて、そろそろCubaseに移行したいと考えているのです が、『ご使用に当たってはプロテクトキーを挿すパラレルポートが必要です。ご注意 ください。』と言われました。 そこで、メーカーのHPにて確認してみると、『注)コピープロテクト:シリアルナン バー入力、D-sub 25pinパラレル(プリンタ)ポートへのハードウェアキー接続』っ て書いてありました。しかし、私のPCには15ピンしかついていません。
そこで質問なおですが、この状態でCUBASEをかった場合、使用できるのでしょうか?も し使用できない場合、何かよい方法や手段などがありましたらおしえてください!! 自分でも調べたのですが、25ピンのポートがないPCは『USB⇔パラレルプリンターケー ブル』を使用したら25ピンにとして利用できるみたいなのですが、この方法でCUBASEの ドングルは認識してくれますでしょうか?
(2002.4.17)
A
CUBASEのドングルはD-sub 25pinの片側がオス、もう一方がメスになっていて、パソ コンとプリンターの間にかませるられるようになっていて、プリンターの同時使用も 可能になっています。 ところが、スタインバーグはいかなるPC、プリンターおよび同ドライバーの場合で も問題ななく、CUBASEとプリンターが同時使用できる、とはアナウンスしてい ないはずです。 それに加えて『USB⇔パラレルプリンターケーブル』の場合はどうか?と問われると 多分、スタインバーグも代理店であるメガフュージョンも明確な回答はしてくれない ような気がします。多分、代替案があったとしても保証はしてくれないのではないで しょうか。 そんなことで、私のほうとしても「やってみないとわかりません」としか言えないの です。
お持ちのPCを楽器店に持ち込んで、テストさせてもらうわけにいかないでしょうか ね。それが一番確実ですが、それがだめなら賭けにでるか、身近でCUBASEを 使っている人を探すしかないかもしれません。 一応念のためにメガフュージョンに問い合わせてみたほうが良いかもしれません。も しかしたらなにか成功事例を押さえているかもしれませんので..。




Q.205 EOSで作った曲を、AIFF形式(Macユーザです)にして保存する方法はありますか?
質問内容
EOS B700で作曲しているのですが、 EOSで作った曲を、AIFF形式(Macユーザです)に保存する方法は ありますでしょうか。
これからは、完全にDTMに移行しようと思っているのですが、 今までEOSで作った曲を、ハードディスクやCD-Rに保存しておきたいのです。 (跡形もなくなってしまうのは、とても悲しいです)
過去に、カセットには録音した経験があります。 カセットプレーヤーに、偶然LINE IN端子があったのです。
私の環境は下記の通りです。 周りに詳しい人がいないので、困り果てております。
(2002.4.15)
A
> (跡形もなくなってしまうのは、とても悲しいです)
そうですね。環境を変える場合に一番大きな問題となる点ですよね。 中には単体シーケンサーで作った豊富なソングデータをどうしようか、 と途方にくれている方もいるようです。 手弾きから単体シーケンサーあるいはキーボード内蔵シーケンサーを PC+シーケンスソフトへのに乗り換えるときはとても大きなターンニング・ポイン トですよね。
さて、AIFFにするにはカセットに録音したように、MACに録音することになる と思います。
お持ちのMACにオーディオ入力端子はないでしょうか? 端子形状はカセットのLINE IN(多くの場合RCAピンという形状です)とは 違う形状 かもしれませんが、電器店にたくさん種類のアダプターが売られているので、 入力端子さえあればEOSを接続可能だと思います。
お持ちのMACになにかオーディオを録音するソフトがインストールされていませんか? 録音ソフトの多くはWINDOWSの場合はWAV形式、MACの場合はAIFF形 式でデジタル・オーディオ・ファイルを作るようになっています。
現在ではMIDIシーケンスソフトにもオーディオ録音機能を備えているのが一般化 しつつありますが、お持ちの MIDIGraphy1.4.2の場合がどうかはユーザーでない私にはわかりません。




Q.204 ソングをセーブする時、またはオートセーブが働いた瞬間に CUBASEが落ちてしまう
質問内容
最近CUBASE VST32 Ver.5.1を使い始めたのですが、このところソングをセーブする時、 またはオートセーブが働いた瞬間にCUBASEが落ちてしまうようになってしまいました。 セーブはきちんとされています。 使い始めは問題なく使えていました。 なぜだか分かりますでしょうか?
Windows2000とUnitor8-MK2、RMEのカード(ACPIじゃないので、IRQの問題は大丈夫のようです。)で使っています。 オーディオ録音と外部MIDIシンセと、VSTシンセを同時に使っています。 最近キーボードと、MIDIギターを同時につないで(同時に演奏はしない、)打ち込むようにしたのですが、もしかしてそれが何か関係あるのでしょうか? たまに、急にVSTシンセの音だけ出なくなって、再起動すると直るという症状もあります。
(2002.4.7)
A
ご質問の件、はっきりもうしまして、原因は分かりません。
このところソングをセーブする時、またはオートセーブが働いた瞬間にCUBASEが落ちてしまうようになってしまいました。
これは必ずなるのでしょうか? 実は私のCubaseもオートセーブ開始と思われるタイミングでハングしてしまう場合があります。 CUBASEがなんの応答もなくなり、結局 Ctrl+Alt+DelにてPCの再起動を余儀なくされるる症状です。 でも、必ずなるわけではないので、オートセーブの保険とをはかりにかけた結果、結局オートセーブはONにして使用しています。
CUBASEにはその他にもハングしやすい操作がありますよね(私のところだけかもしれませんが)。 たとえば、LOOP中に左右のロケート・ポイントを変える換える場合に左右のロケートポイントを誤って同じにしてしまった場合、 また極端に短いLOOP範囲を設定してしまった場合にハングすることがあるようです。 また、VSTのENABLE/DISABLEの切換えもしないほうが良いですよね。
MIDIギターを同時につないで.....
MIDIギター・コントローラは出力されるMIDI情報が極端に多いですよね。 不要なMIDI情報は出力されない様にコントローラーを設定すれば幾分変化があるかもしれません。
オーディオ関連のバッファサイズ設定などを変えれば変化があるかもしれませんが、 「ここをこう設定すれば解消できますよ」というふうに具体的にアドバイス出来ないのが残念です。 いちおうCUBASEのユーザー・サポートにし質問を投げてみてはどうでしょうか。もしかしたら、事例としてなにか情報が得られるかもしれません。

私なんかは「パソコンはそんなもんだ」と割り切っているので、 問題の出そうな操作は極力避けながら、使っているような感じですね。まあ致命的な問題ではないから許せているんでしょうけど。 あとは、ハングしてもニッコリ笑って再起動できるように、マメにセーブしておくといった感じでしょうか (でもセーブで問題がでるのなら、あんまり笑ってられませんね)。




Q.203 PC上にあるMIDI(GM)データをKorgM1内部へSaveする最適のソフト(方法)をご教示願います
質問内容
FAQのQ83 ”パソコンを使わずにキーボード内蔵シーケンサーで外部MIDI音源を鳴らしたい” と類似の質問と思いますが....
PC上にあるMIDI(GM)データをKorgM1内部へSaveする最適のソフト(方法)をご教示願います。 外部音源はDTM用にROLAND-SC88をもっていますのでそれを”GM音色用”に使用しま す。

PS: 以前、M1の内蔵電池切れで、内蔵音色等設定喪失し、KORGに問い合わせたところ、有償電池交換がコミコミで1万xxx千円&修理に3週間 程度と言われ、Webで電池交換作業法を探しがKorgの音源でみつけた http://nextdch.mty.itesm.mx/~rlopez/M1/ にてSysexファイルとVectorで見つけたダンプソフト Ex midi Dumperで無事復活できた経験?はあります。
探し方が悪いのかもしれませんが、 Midi-> Sysex ファイルに変換する手法がどうしても見つかりませんでした。
(2002.3.24)

A
PC上にあるMIDI(GM)データをKorgM1内部へSaveする最適のソフト(方法)をご教示願います

Midi-> Sysex ファイルに変換する手法がどうしても見つかりませんでした
残念ながら、ご要望の機能をもつソフトを私は知りません。どこかに存在するかもしれないし、ないかもしれません。 (エディッター・ライブラリアン系ソフトのなかに ”Midi-> Sysex”機能を有するものがないかなと一瞬思いましたが、未確認です。)
......にてSysexファイルとVectorで見つけたダンプソフト
シンセサイザーの内部設定をシステム・エクスクルーシブ・メッセージ(以下、SysEx)でダンプ(外部のMIDI機器に送信)し、 元に戻すソフトウェアを開発する場合、特定の楽器のMIDI仕様に関する知識はそれほど必要ありません。
現に、これと同じ事はごく普通のMIDIシーケンス・ソフトウェア(ex.CUBASE)でも可能です。 シーケンス・ソフトをレコーディング状態にし、シンセサイザーのMIDIダンプ機能を実行するだけです。 シンセサイザーに戻す場合は、シーケンスソフトをプレイバックすればOKです。
SysExの形式はMIDI機器によって異なりますが、それをまるごと受信し、まるごと送信するだけならばそれほど難しいことはないし、 汎用的なソフトが出回っていることも納得できます。 問題は、スタンダードMIDIファイル(以下 SMF)をM1のSysEx形式に変換するには、 M1独自のSysExの詳細な知識が必要であるということです。 なんせM1は古いので(ちなみに私の現在のマスター・キーボードはM1なので、私のところでは未だ現役ですが..)、 はたしてそんなソフトがあるかな、というのが個人的な見解ではあります。でも、冒頭にも書いたように、もしかしたら存在するかも知れません。

代替案はですが、一番簡単なのはPCのSMFをプレイバックしながらM1にリアルタイムで録音する方法です。 ただこれは、M1のシーケンスデータ用容量の問題(録音中、メモリ残量の%表示がみるみる減ってきます。精神衛生上よくありません)、 パート数など、なにかと制約が多そうです。 録音も何度かに分けて録る工夫も必要でしょうし、手間な作業だと思われるため、 M1に移植したい SMFが大きい(長い曲、パーと数が多いなど)ファイルの場合は非現実的だと思います。




Q.202 SC-8850を使っていたが、ボーカル録りのためにUA-100Gを購入した。どう繋げば良い?
質問内容
今回、ボーカルをパソコンにデジタル信号として取り込むために ローランドのUA-100Gを購入しました。 UA-100Gは基本的にはMacに対応していないのですが、 HPからデータをダウンロードすることにより、Macでも使用可能になります。 (苦労しましたが、なんとかアップデートすることが出来ました♪)
でも今度は、接続方法とOMSの設定方法が解らず 苦労しております。

MacとUA-100GをUSB接続し、MacでUA-100Gをコントロール したいのですが、SC-8850をどのように接続し、 OMSはどのように設定すれば良いのでしょうか?
それと、UA-100Gは、アナログ信号をデジタル信号にするための 機器ですが、デジタル信号となったデータは、 シーケンサーの空いているトラックを利用し、 MIDIデータと一緒に再生させるという考え方で 合っているのでしょうか?
★環境★
パソコン:iMac OS9.2
音源:Roland SC-8850
シーケンサー:Singer Song Writer4.0
MIDIキーボード:Roland PC-180
(2002.3.17)

A
SC-8850をどのように接続し、 OMSはどのように設定すれば良いのでしょうか?
すでにSC8850はMACに繋がっていたのですからそのままにして、 空いているUSBポートにUA-100Gを繋いだほうが良いのではないでしょうか。わざわざUA-100GのMIDIポートをふさいでしまう必要はないと思います。
UA-100GのOMS設定方法は残念ながらわかりません。 ドライバーソフトにはそのあたりの説明は載っていないのでしょうか? 説明がなければローランドに問い合わせたほうが正確な情報が得られると思います。 なにせ、私はUA-100Gには触れた事すらないないのです。
...デジタル信号となったデータは、 シーケンサーの空いているトラックを利用し、 MIDIデータと一緒に再生させるという考え方で 合っているのでしょうか?
そうですね。シーケンサーによって考え方は違うかもしれませんが、 MIDIデータとの同時再生は問題ないはずです。 ただ、トラックには「MIDI用」、「デジタル・オーディオ用」のように あらかじめ属性を指定しておく必要があると思います。




Q.201 単体シーケンサー(YAMAHA QY300)のデータをPCに取込みたい
質問内容
YAMAHAのQY300をメインシーケンサーにしていますがこれで作成したデータをPCに取り込みたいのですがどうすればいいですか? MIDI初心者なので詳しく教えてください。
(2002.3.8)
A
ご質問のQY300ですが、機能の詳細が不明(実は以前に所有していたのですが手放してしまいました)なため、、一般論で回答します。
シーケンサーがスタンダードMIDIファイル形式でFDにSAVEすることが可能であれば一番手っ取り早いのですが、 そのFDをPCが読込めるかどうかが問題となります。 シーケンサーによっては独自のフォーマットでFDを扱うようになっているものがあります。
もう一つの方法は、シーケンサーのMIDI OUTをPCに繋ぎ、 シーケンサーを再生しながらPC側のシーケンス・ソフトのレコーディングする、というものです。 この場合、次のように設定して、シーケンサーとシーケンスソフト(PC)をシンクロさせると良いと思います。 具体的な操作はシーケンサーの種類、PCで動かすシーケンス・ソフトによって異なります。 必ずしもシンクロさせる必要はありませんがPCに取込んでからMIDIデータを編集する場合、 シンクロさせて録音したほうが小節位置を合せるのが容易になり、結果的に編集が楽になると思います。




Q.200 MIDIの出力は一系統、音源は三台。これを上手に使いこなすには.....
質問内容
当方、DTMを始めたのは8年前ほどからです。 ローランドのSC55とNECのPC98とレコンポーザでちまちまと打ち込みを始め、 今日に至るのですが、最近、他の音源やサンプラーを購入し、その制御で 困っています。
MIDIの出力は一系統。音源は三台。これを上手に使いこなすには、 MIDIのTHRUを使うか、MIDI情報をパラレルで均等に送るという方法になるかと思 います。 しかし、それだと、ただの同時演奏になり、同じデータを複数の音源が同時に鳴 らしているだけにすぎないと思われます。
当方としましては、例えば1chと2chは音源Aで、3ch〜8chは音源B、そして残りのchが 音源Cで演奏させる、とチャンネル情報を振り分けたいのですが、その方法がいまいちピンときません。 これは、鳴らさないチャンネルは音源側でオフにするのでよろしいのでしょうか? そのオン/オフは、シーケンス側ではなく、各音源ごとに手動なりで設定するしかないのでしょうか? また、それらを簡単に振り分けてくれるようなパッチベイ等の機材があるのでしょうか?
(2002.3.7)
A
これは、鳴らさないチャンネルは音源側でオフにするのでよろしいのでしょうか? そのオン/オフは、シーケンス側ではなく、各音源ごとに手動なりで設定するしか ないのでしょうか?
一系統のMIDI出力をTHRU端子またはパラレルBOXを用いて複数の楽器をコントロールする場合、 シーケンス・ソフト(以下 シーケンサー)側で特定の音源をチャンネル毎にOFFにすることは出来ないと思って良いと思います。 この場合は音源側で手動でOFFにするのが基本です。
ただ、殆どのMIDI楽器はパネルでの操作をMIDIメッセージ(システム・エクスクルーシブ・メッセージ)で遠隔操作することが出来るようになっているので、 これを利用してシーケンサーからOFFに設定する事は技術的には可能だと思います。でも、これは面倒なので止めておいたほうが良いでしょう。
また、それらを簡単に振り分けてくれるようなパッチベイ等の機材があるのでし ょうか?
最近はマルチポートのMIDIインターフェースが安価になってきました。これはMIDIの入出力を完全に独立して複数系統扱う事ができるインターフェースです。 これを使用すれば、シーケンサー側で出力先MIDI OUTポートを選ぶ事が出来るようになります。 ローランド、ヤマハ、MIDIMANなどのメーカーが発売しているのでアドレスをお教えしておきますが、一度楽器店にて相談してみてはいかがでしょうか。

http://www.roland.co.jp/products/DTMP.html

http://www.yamaha.co.jp/product/syndtm/p/index.html#dtm

http://www.midiman.net/products/midiman/pcMIDI.php




Q.199 CUBASEでVSTインストゥルメントを使用すると No more Mixer Channel というエラーがでる
質問内容
CubaseVST4.1を手に入れました全くの初心者なのですが、VSTiがうまく動いてくれません。

iMac350、音源はMIDIの場合、内蔵のRoland VSC 3.0経由でサウンドマネージャを使ってます。 外部には何も接続してありません。(iac bus #1) 通常のミディは問題なく再生できます。
編集済みのMidiデータをCubaseにロードし、そのトラックでVSTiを指定すると No more Mixer Channelという メッセージが返ってきてしまいます。

Audioに関しては全く問題ないのですがなぜでしょうか。 使い方がおかしいのではないかと思いますがよくわかりません。マニュアルにはVSTのことは 詳しく記載されているのですがVSTiにはふれてないようです。
(2002.3.3)

A
ご質問の”VSTi”とはVSTインストゥルメントのことだと思います。現在私のところではMACが使用不能な状態にあるので実機で試すことができません。
かわりにスタインバーグ・ジャパンのサイトに関連情報がないかどか探してみたところ、まったく同じメッセージに関する記述がFAQに見つかりました。 原因が同じかどうかわかりませんが、事象は似ていると思います。是非こちらをご覧になってみてください。
以下、URLとたどり方を示しておきます。

http://www.japan.steinberg.net/service/








Q.198 MIDI音源モジュール×1とマスターキーボード×1の機器構成にさらにシンセを加えたい
質問内容
私は今まで、SC-88Pro、SC-8850、MU100とMIDIキーボードを使ってDTMを楽しんできました。 ところが、過去にMSX2の音に惚れて、FM音源を楽しみたいと思い、思い切ってDX7を購入してしまいました。 このDX7を音源としてもMIDIキーボードとしても使いたいと思っています。
これらのモジュールとDX7を全て繋ぐには、どうしたら良いのでしょうか。また、DX7を音源としてもMIDIキーボードとしても使いたいと思っています。
現在のこちらの状況は、 という状況です。
やはり、MIDIインターフェイスなるものが必要なのでしょうか。もし買うならYAMAHAのUX256あたりを考えています。
ところでLOCALをOFFにしなければならないという事ですが、DX7ではどうしたらよいのでしょうか。
(2002.2.25)
A
現在はこんな感じで繋いでいるのだと思います。



おそらく8850はパートグループを1つだけしか使えないのだと思います。 88proではなく8850のほうをPCにシリアル接続したほうが良いような気がするのですが、 残念ながら当方、8850を所有してないので具体的な仕様がよく分かりません。
多分8850にはMIDI INから入ってきたMIDIメッセージをMIDI OUTにスルースOUTする設定があると思います。 8850のパートを一つだけ犠牲にすればDX7を鳴らすことが出来ると思います。 また、PC-180とDX7のMIDI OUTをマージ(MIDIマージBOXという製品があります)すれば、 マージBOXだけ用意すれば一応は現在の構成にDX7を加えることができます。



ただ、お持ちの機材の数や種類を考えると、MIDIインターフェースを調達したほうが良いと思います。 UX256はMIDIが6系統ですね。お持ちの音源モジュールのパートグループは6個を越えますが、 8850の4系統を全部使うのはまれでしょうから、UX256でも良いのではないでしょうか。ただ、USBとPCの相性は克服しなくてはなりませんね。
UX256を使用する場合は次のような感じで接続すれば良いと思います。 この例は8850はパートグループを2つ、MU100は1つだけ使用する例です。この接続形態が一番シンプルだと思います。



ところでLOCALをOFFにしなければならないという事ですが、DX7ではどうしたらよいのでしょうか。
実はいま、手許にDX7が無いので、すぐには調べられないのです。 DX7は古いのでもしかしたら、キーボードをOFFにすることは出来ないかもしれません。ただ、もしなければ、DX7をマスターキーボードとして使用する場合で、DX7の音源を鳴らす場合に、CAKEのMIDIスルーをOFFにすれば良いと思います(ちょっと面倒ですが...)。




Q.197 CUBASEでのMIDIトラックにデータを入力し、再生するとそのパートの頭が途切れる
質問内容
CUBASEのMIDIトラックにデータを入力し、再生するとそのパートの頭が途切れて再生されてしまいます。 音源はvx-5050でUSB接続です。音色の指定はパッチネームスクリプトを作成し画面左のパッチ名から選択しています。 こちらにあるようにリストで音色名を指定する必要があるのでしょうか?
「パートごとの必要最小限の制御情報作成」
リストで編集を行ってみたのですがこちらで音色を指定していると パッチ名で指定したものよりもリストで指定したものが優先されるのですね。

このように頭が途切れてしまうのを防ぐにはどうすればいいのでしょうか?
(2002.2.17)

A
作成されているallファイルまたはarrファイルを見なければ何とも言えませんが、 おそらくvx-5050がパッチネームスクリプトにもとづくパート設定を行なっている最中に CUBASEから演奏情報が送られてきているのではないでしょうか。
CUBASEのインペクターに音色設定情報(音色、パンポット、ボリュームなど) を設定は、トラックまたは各パートに対して行なう事が出来ます。

下に例を示しました。"Strings"というMIDIトラックに"Strings"と"Strings2"という2つのパートがあります。 この状態はパートを選択していませんが、インスペクターにはプログラム番号(Prg)に1が設定されています。 これはそのトラックに対してプログラム番号1(GMの場合はピアノ)が設定されていることを示します。 演奏を開始するとMIDIチャンネル1番を受信するMIDI音源がピアノの音(GMの場合)に設定されます。



次の図は同じソングのパート"Strings"を選択した状態です。インスペクターにはプログラム番号(Prg)に50が設定されています。 これはそのパートに対してプログラム番号50(GMの場合はストリングス)が設定されていることを示します。 演奏を開始するとパートの始まりである2小節目の頭でMIDIチャンネル1番を受信するMIDI音源がストリングスの音(GMの場合)に設定されます。



次はパート"Strings2を選択した状態です。インスペクターにはプログラム番号(Prg)に52が設定されています。 演奏を開始すると6小節目の頭でMIDI音源がシンセストリングスの音(GMの場合)に設定されます。



このサンプル曲の音源は次のように設定されることになります。
演奏を開始するとピアノに設定→2〜5小節までをストリングスの音で演奏→6〜9小節までをシンセストリングスの音で演奏
この場合、1小節目に演奏情報を収容するパートが無いので、トラックに対して設定されているピアノへの設定は意味がありません。
インペクターで音源の音色をコントロールする場合、どうも音源の動きがおかしいときには、 以上の関係(トラックに設定したか、パートに設定したか)を確認したほうが良いでしょう。

さて、このサンプルソングでは"String"というパートに音色番号(50番)が設定されており、かつ、パートの先頭から演奏データが始まっています。 多分ここで「パート設定を行なっている最中にCUBASEから演奏情報が送られてきている.....」という現象が発生すると思います。



回避方法ですが、演奏情報が始まる前に音色設定が完了するようにすればOKです。 シフトキーを押しながらペンシルキーを使うと、演奏データの位置を変えずにパートを前の方に伸ばすことができます。 この例の場合にはこの方法がもっとも手っ取り早いと思います。





>「パートごとの必要最小限の制御情報作成」
このページでは第三者に配布することを前提としたMIDIファイルの作成を前提にしているため、 MIDIトラックに制御情報をいれるようにしていますが、他の人に配る事を目的としないならば、 演奏情報の中に音色設定情報が入れる必要はありません。 エフェクト設定などvx-5050の性能をフルに使ったパフォーマンスを曲ごとにあらかじめ作成して、 VXに保存するようにするのが良い(あるいはエディッター/ライブラリアンをソフトを併用する)でしょう。 またそれが基本的な使い方であると理解しましょう。
多分、プログラムチェンジ、ボリューム、パン、コントロールチェンジが多数、あらこちらに挿入された、 音源設定情報のオバケのようなスタンダードMIDIファイルに遭遇した事があると思います。 あれは特殊なものだと考えたほうが良いでしょう。自分で使うだけなら、そのようなファイルにする必要はまったくありません。




Q.196 CUBASEでMIDIレコーディング中のモニターができない(MIDIスルーはオンになっている)
質問内容
Cubase 5 VST32 R6 for Winを下記の環境で使おうと、 購入より1週間、悪戦苦闘しております。 これまでに、オーディオの設定に関しては、問題なく理解でき入出力、 DSのエフェクトの使い方等全てクリアーしたのですが、MIDIトラックに キーボードからリアルタイム録音する際に、音源の音がモニターできません。 トランスポートバーの右端にある、レベルーメーターは鍵盤をたたくと、 ”IN”の方は反応しておりますが”OUT”のほうが無反応です。又、モニター はできませんが再生すると、録音自体はされておりちゃんと再生されます。
因みに、C-Console1.2 + (XGWorks4J or Sonar1.3J)では正常にMIDIの音源の キーボードからのリアルタイム入力はモニターできます。
ちなみに、CUBASEのMIDIセットアップのスルー指定はオン(ENABLE)になっています。




(2002.2.11)
A
これは、CUBASEのMIDIスルーがOFFに設定されている場合に起こる現象ですが、ON(ENABLE)になっているとなると原因は他に有りそうです。

録音中に楽器の音がモニター出来ない場合、その原因として次の3つが考えられると思います。

1.MIDI音源にMIDI情報が届いていない
2.MIDI音源の音声出力がモニター(ヘッドフォンやスピーカー)に届いていない
3.上記1,2の両方
もし、2と3が原因ならば CUBASEのオーディオセットアップに何らかの問題があると思います。 ところが、MIDI録音中にトランスポートバーのMIDI OUTインジケータが振れないことがすでに確認されていることから、 1の現象が発生していることは間違いないと思います。
>トランスポートバーの右端にある、レベルーメーターは鍵盤をたたくと、 >”IN”の方は反応しておりますが”OUT”のほうが無反応です。又、モニター >はできませんが再生すると、録音自体はされておりちゃんと再生されます。
「再生すると、録音自体はされており...」ということは、キーボードからCUBASEへのMIDIの経路に問題はなく、 CUBASEから音源へMIDI経路にも問題がない(セットアップMMEも問題ない)ことになります。 要するに「CUBASEが録音中にMIDI INから入ってきたMIDI情報をリアルタイムにMIDI OUTに出力してくれない」だけだと思うのです。 とすると、やはりなにかCUBASEの設定に問題があるか、もしくはCUBASEに何らかの問題が発生しているかのどちらかだと思いまが、添付の図を見る限りでは設定には問題ないようです。
もし、支障が無ければ、CUBASEの再インストールおよび、最新版へのアップデートを試みてみてはどうでしょうか。 なにか、つまらないことで躓いているような気がするのです。

【本件の結末】
この件は、CUBASEの再インストールで解決したと質問者から連絡がありました。





Q.195 CD/MDコンポにサンプラーの入力端子に繋ぐ出力端子が見当たらない
質問内容
先日、訳もわからずに人生初のサンプラー「ZOOM ST224」を購入したのですが、 説明書序盤の「サンプリングソースとの接続(CDプレイヤー)」というところでもう最大の難関にぶち当たってしまいました。
CDプレイヤーと接続しようにも僕の日頃愛用しているCD/MDコンポのどこにもケーブルを差し込むところなど見当たりません。 これはいったいどういう事でしょうか?CDプレイヤーとCD/MDコンポとはまったく違う物なのでしょうか?馬鹿な質問すいません。
(2002.2.5)
A
CD/MDコンポの機種によっては、それ自体で完結した使い方のみが想定され、スピーカー以外に外部に音声を取り出す手段を持たないものもあると思います。 端子形状は様々なものがあるので、サンプラーの端子と同一形状である必要はありません(形状変換アダプタが電気屋さんで売られています)。 どこかにLINE OUTと書かれた端子がないか、もう一度探してみて下さい。
LINE OUT端子が無い場合でも、ヘッドフォーン端子はあるのではないでしょうか? 電気屋さんにいくと、ヘッドフォーン端子からカセットデッキなどに録音するための抵抗入りのケーブルが売られています(購入前に店員に確認して下さい)。これを使えば、CD/MDコンポのヘッドホン端子からサンプリング出来ると思います。 LINE OUTもヘッドフォン端子も無い場合はそのコンポからのサンプリングはムリだと思います。






TO HOME


- 1996-2002 izmi All rights Reserved. -