当サイトのインデックスと最新の更新情報はこちらのトップページに掲載されています。

TO HOME


at 1999

FAQ一覧

Q.78 鍵盤が弾けませんが、一気に一つのトラックを弾かなければ曲は作れないのか?

Q77にあるようにショートループさせながら、 録音することはできるのでしょうか? 僕はてっきり、一気に一つのトラックを弾いて録音しないと 無理だと思ってました。いろんな、レコーディングの仕方や基本など DTMについてもっと知識を得たいので、おすすめの雑誌あるいは、 本の名前と出版社を教えて頂けないでしょうか?

(1999.3.25)


A
私はCubaseというソフトを使ってます。このソフトは数値入力用のソフトではありませんが、 基本的には鍵盤を弾ける必要がありません。 だれでも1小節程度ならば異常に早いフレーズでもない限り弾けますよね。 極端な話し、1小節を「繰り返し・重ね録音(とでもいいましょうか)」状態 にしておき、タイミングを見計らって指一本で録音することもできます。
最近ではこれができるソフトは多いと思いますが、どれができて、どれが できないかまでは、私の方ではおさえていません。 また、可能であったとしても、使い勝手はシーケンスソフトによって変わってきます。

私がパソコンをツールとして音楽を作り始めた頃はDTMという言葉もなく、 参考になる本はありませんでした。
とりあえずPCとMIDI楽器が繋がっているのならば、あとは シーケンスソフトのマスターのみがDTMのテーマとなり、 「DTM入門」のような本は特に必要ないと思います。 ただ、お使いのシーケンスソフトに特化した攻略本が出版されている のならば、一読しておいて損はないと思います。
あとは、「キーボードマガジン」あたりを毎月購読すれば、 長い目で見ればかなりの知識が得られる思います。 ただし、基本的には自身の試行錯誤の積み重ねだと思います。


Q.77 シンセサイザーの鍵盤ってだいたいどれくらいもつのでしょうか?

これからする質問はあまりMIDIとは関係なく、 馬鹿な質問だと思うかもしれません。

現在korgのN364というシンセを使っています。 キーボードあるいは、ピアノはある程度使ってると 鍵盤がベコベコになるそうですが、だいたいどれくらい もつのでしょうか?
だいたい毎日、2〜3時間ぐらい使ってます。 日によっては、5時間使うこともあります。おもに弾く練習をしてるからです。 ものすごい下手なものですから(^^;

だいたいこれくらい使っていてキーボード(鍵盤)は どれくらい持ちますでしょうか?新品で買いました。 もしかしたら、1年もしないうちに、ベコベコになってしまうのでしょうか? KorgのM1という機種を使っていらっしゃるそうですが、 今まで、鍵盤を何回修理に出してるのでしょうか? M1の鍵盤がベコベコになるまで、だいたいどれくらい、 使ってらっしゃったのでしょうか?
あと例えば修理に出した場合はいくらぐらい掛かるのでしょうか? そして、だいたい何週間ぐらい掛かるのでしょうか? 教えてください、よろしくお願いします。

ネット友達に気を付けないと、鍵盤ベコベコになるよ、といわれ、 ちょっと心配になってます。

(1999.3.20)


A
それほど変な質問だとは思えませんが、たしかにこのての質問ははじめて頂戴しました。 実は私はキーボーディストではないので、私の場合はあまり参考には ならないと思います。 ただ、鍵盤を実際に弾きながら(ショートループさせながらちょっとずつ弾いて 録音してます)演奏データを入力しているのは間違いなく、思いきり強く 弾くことは珍しくはありません。 でもM1は購入してからすでに10年を超えますが、一度もトラブルはありません。

実は以前マスターキーボードとして使っていたローランドのD70というシンセの 鍵盤のいくつかにトラブルが出たことがありますが、これは弾いていて発生したものではなく、 たまたま思い付いて鍵盤をクリーニングしたときからおかしくなってしまいました。 多分、クリーナの液がセンサー部分に染みてしまったのではないか、 と思ってます。2か3つだけキーが発音しなくなってしまいました。
で、修理代ですが、直してないのでわかりません。

最悪、メーカに部品がなくなっても音源としては使うことができるので、 あまり気にしてないのです。そのころからM1をマスターキーボードとして 使うことにしました。M1はクリーニングなど一切していなく、とても汚くなってますが、 鍵盤に関しては完動してます。 (よけいなことはしない方が良いという例かもしれません...(^^; )

たしかに、壊れるケースはあるのかもしれませんが、それは奏法とか扱い方、 曲の傾向また商品自体の当たりはずれによるケースが多いのではないでしょうか。 でも強く弾くのと乱暴に扱うのは違うと思います。
壊れたとしても、人が触れる部分については、ある種「消耗部品」としての割きりが必要ではないでしょうか。 練習のし過ぎ壊れたのなら、それはむしろ勲章のようなものと考えましょう。
でも、そんなにしょっちゅう壊れるものではないと思いますよ。 DTM用のちゃちなものとは異なり、Korgというちゃんとした鍵盤楽器メーカーが 作ったものですから。

ちなみに、私はもう10年以上も楽器関連雑誌を2、3種類ほど講読してますが、 「KORGの鍵盤が特に壊れやすい」なんて話しは聞いたことがありません。


Q.76 ドラムの演奏をSMFで保存したが、メディアプレイヤーで演奏させると多少音色が違う

ドラムの演奏をSMFで保存し、保存後メディアプレイヤーで演奏させると多少 音色が違います。音源の設定はGMにしたつもりですが同じGMでも音源により 音色が違うのでしょうか。

(1999.3.14)


A
同じ”ピアノ”という楽器であっても、スタインウェイとYAMAHAの音が違うよ うにメーカや機種によって音色が違います。GMではそこまで細かくは規定されて いないのです。
本件は同じ人が弾いても楽器の機種が変われば音色がかわるのと同じ理屈です。 また、特にGMの音色番号81番以降はかなり曖昧で、音色解釈が音源メーカにまか されています。安価なサウンドカードのGM音源では例えば"Strings"と"SynthPad”が 同じ音色だったりします。


Q.75 SC88で2つ以上のリズム楽器は使いたいのですが...

複数のリズム楽器を使いたい場合、ケークウォークではポート1とポート2のそ れぞれのMIDIチャンネル10で二通りのリズム楽器を使えますがこれ以上は 無理なんでしょうか?
私のDTM環境は次の通りです。

■ OS:Windows98
■ 音源:SC−88Pro
■ ソフト:CAKEWALK ProAudio 6.0

(1999.3.14)


A
もうご承知かもしれませんが、チャンネル10(以下#10)がリズム楽器専用と いうのはGMの場合の制約で、MIDI自体はチャンネルごとの楽器カテゴリの 制約はありません。
もし、ご自身でお作りになった音楽作品をGM音源を持っている他の人に 対してファイルの形で配る必要がないのならば、#10=リズム楽器と考える 必要はありません。

では、#10以外のパートにリズム楽器をアサインする方法ですが、 SC系音源はパートごとに通常の楽器を割り当てるか、またはリズム楽器を 割りてるかを選択することができるようになっています。 パート・モード(PART MODE)というのがそれを選択するパラメータです。 マニュアルの索引で探してみてください (私のところにはPROのマニュアルがないので)。
もちろん#10を通常の楽器用に切換えることもできると思います。


Q.74 MIDI音源にスピーカーをつなぐとPCの音は聞こえなくなる?

MIDI音源にスピーカーをつなぐとPCの音(Windows起動時etc.)は、 聞こえなくなるのですか?それともやはり接続方法に問題があるのでしょうか? (1999.3.4)

A
いままでスピーカーがつながっていたPCの端子には 今なにがつながっていますか? WINDOWSの起動音は音声信号となってPCの端子から 出力されます。

ところがMIDIは音声信号ではないので、PCとMIDI音源をMIDI接続しても、 音源のLINE OUTからWINDOWSの起動音は出力されません。

電気屋で二股のオーディオ・ケーブルが売っているので、 これを利用してPCのLINE OUTとMIDI音源のLINE OUTの音声信号を1つにまとめてスピーカに繋ぐ方法があります。


Q.73 MIDIで曲作りをしたいが、揃えなければならない最低限の機材を教えて下さい

MIDIで曲作りをしたいのですが、 揃えなければならない最低限の機材を教えて下さい。 また費用は幾らくらい用意すればいいですか? それとおすすめ機種などあれば、併せてお願いします (1999.2.21)

A
質問の内容についてはのQ12,Q3に同じような事例があるのでそちらを参考にしてみてください。

費用は、

・ソフトシンセで我慢するかいなか
・かなり緻密な編集をするかいなか
で、大きく変わってくると思います。最近では簡単なシーケンスソフトがPCに プレインストールされているケースがあります。フリーウェアも存在します。 それらを使用し、音源はソフトシンセでがまするならば、7,8千円でとりあえず、 ある程度のことはできます(あくまでも「とりあえず」です)。


Q.72 メロディと和音を別キーボードで弾いて同時に2トラックに入力できるソフトは...

当方MACとSK-PROでMIDIを始めたばかりです。リアルタイム入力でデー タをインプットしています。キーボードをもう一つ追加する事で同時に2トラックに 別の音を入力したいのですが(例えばメロディと和音を別々のキーボードで弾いてと か)? そんな入力ソフトあれば教えて頂けませんでしょうか? (1999.2.21)

A
もしかしたら、お尋ねの事が可能なシーケンスソフトはあまり多くはないかもしれません。 ご承知のように、多くのシーケンスソフトでは1トラックに複数チャンネルの MIDI情報を書き込む事ができます。 つまり、ほぼどのようなソフトでも、2つのキーボ−ドの送信MIDIチェンネルを 別にしておきさえすれば、1つのトラックに別々の情報として記録することができま す。 そしていくつかのソフトでは記録した後に、チャンネルごとに別トラックに抽出する 機能を持っています。
ところが、リアルタイムで最初から複数のトラックに分けて 録音することのできるもの、となると事情は少し変わってくるようです。

市販されているもの、またはネット上で入手できるシェアウェアを含めた シーケンスソフトごとにこれが可能なものとそうでないものを リストアップできるだけの情報を私は持っていませんが、 少なくとも、私の常用シーケンスソフトであるCubaseでは、 以上私が書いたことのすべてが可能です。


Cubaseには”マルチレコーディング”というMIDI情報の録音(音ではありませんが) 方法が用意されています。 このモードでレコーディングすると、受信したMIDI情報はトラックごとにあらかじめ割り当ててあるMIDIチャンネルに応じて、 該当するトラックに導くように、記録されます。

- この後に、次の返信を頂きました −
当方MIDIにはまだ日が浅く、ミュー次郎に同梱のSingersong writer Liteしが知らないレベルです。 これまでの内容だけ見ると私から先日質問させて頂いた内容はクリアできように思うのですが、 今私がしたいと思っている事は、 例えば2つのキーボード(当然別チャンネル)で右手と左手別々のキーボ−ドで演奏/入力し、 その後シーケンサの方で別々のトラックデータとして編集できれば良いのですが。 それは入力専用のソフトでもMIDIファイルで出力できれば編集機能は無くてもかまわないと思うのですが......
そのとおりです。 私はSingersongwriter Liteの仕様はよく分からないのですが、 シーケンスソフトではよく、トラックごとに固定的なMIDIチャンネルを割り当てる方法と トラックに記録したMIDI情報に含まれるMIDIチャンネルを優先させるという二通りの使い方が用意されています。
Singer song writer Liteでも後者の方法が使えれば、あとは特定のチャンネルのMIDI情報をCOPYまたはDELETEできれば問題無いと思います。


Q.71 RCPファイルを MIDIファイルに変換したいのだが....

お尋ねしたいのですが, RCP ファイルを MIDI ファイルに変換するソフトって 何かあったら教えていただけませんか? (1999.2.14)

A
RCPとはご承知の通り、レコンポーザという国産シーケンスソフトのソング形式ですが、 これを読み込んでMIDファイルに変換する事のできるシェアウエアが窓の杜のソフトライブラリにあります。 URLは次の通りです。探してみてください。

http://www.forest.impress.co.jp/s_edit.html


Q.70 シンセの音源は利用せず、キーボードだけを使い、音源はSC-88などを利用することができるか

シンセはkorgのN364という61鍵の物をつかっていて、GM対応です。 パソコンのサウンドカードはSOUND BLASTER16を使ってます。 そこで、今のGM対応だけじゃ、物足りないと思った場合や今のシンセに付いてる音源に飽きたときに、 新しい音源(例えばSC-88PRO)などを買って、下記のようなことはできないでしょうか?

シンセ→新しく買う音源→パソコンってな感じで接続して、 シンセで引いた、ドの音がSC-88などの音源で設定した音色でパソコンから出してみたり、 ソフトシンセ(CakeWalkAudio6.0)などに記録(打ち込み)して、 GS(あるいはXG)対応のMIDIを作ったりすることはできるのでしょうか?
要するにシンセの音源は利用せず、キーボードだけを使い、 音源はSC-88などを利用することができるかという質問です。 (1999.2.11)


A
要するにシンセの音源は利用せず、キーボードだけを使い、 音源はSC-88などを利用することができるかという質問です。
N364の詳細なスペックがわかりませんが、 一般論で言えば問題ないはずです。
現在のMIDI対応キーボードは鍵盤と音源の接続を内部的に切断する機能を持っています。 コルグ製品ならば多分、”ロ−カル・キーボード ON/OFF" というような名称のスイッチが設定画面のどこかにあると思います。 ”ローカル・キーボードOFF”に設定すると、MIDI対応キーボードの音源は、 鍵盤から切断され、MIDI INから入ってきた演奏情報のみに反応します。
シンセ→新しく買う音源→パソコンってな感じで接続して........
シンセとパソコンの接続はそうではなくてむしろ
シンセの鍵盤部パソコン新しく買う音源
シンセの音源部

こう考えた方が、利用形態が自由になります。 つまり、N364のみを使用する場合でも、常に”ローカル・キーボーOFF”に しておき、一度パソコンを経由させて、戻ってきた演奏情報でN364を鳴らすようにするのです。 こうすると新たに音源を増やしたときに、シーケンスソフト側で演奏情報を送る音源を設定できるようになります。
ここで、一つ注意しておきたいのはシーケンスソフトのMIDIスルー機能をONに しておく必要があることです。 これをONにしないと、手弾きした演奏情報がリアルタイムにパソコンから返って来ないため、 自分の弾いた演奏をモニターすることがきません。

- この後に、次の返信を頂きました −
確かにローカルキーボードをオン・オフと設定できる所がありました。 でも説明書には、エコーバックを防ぐために、普段はオンにしてあると 書いてあるのですが、オフにしても大丈夫なのでしょうか?
鍵盤を演奏したときに、リアルタイムでMIDIメッセージが返ってくるようにシーケンスソフトを設定すると、 シンセ内部で鍵盤から音源に向かう演奏情報と、MIDI INを経由して返ってくる演奏情報が重複してしまい、 音が二重に発音することになります。
結果的に音に”うねり”が生じたり、また同時発生音数が半減するような状況になります。

1.MIDI INを経由して返ってくるMIDI情報
2.シンセ内部で鍵盤から音源に向かうMIDI情報

1を規制するには、MIDI INのケーブルを抜くか、シーケンスソフトで、返ら ないように設定すれば良いので、シンセ側には特にスイッチは設けられないのが普通ですが、 2を規制するにはシンセ側にスイッチを持たざるを得ません。 そのスイッチがローカル・キーボード ON/OFFです。

エコーバックを防ぐために、普段はオンにしてあると書いてある
この記載はちょっと疑問です。 実際の記載は 「エコーバックを防ぐためにあるスイッチだが、普段はオンにおく」 というニュアンスではないでしょうか? すべてのキーボードユーザーがMIDI接続を利用しているわけではないので、 単体で使用しているユーザーを”普通”のユーザーとして記載しているのだと思います。
ちなみに、私はコルグのM1というシンセをマスターキーボードに 使用していますが、ローカル・キーボードは常にOFFにしています。 鍵盤と音源を別物として考えているわけです。


Q.69 M1をJOYSTICKポートに繋いだが、発音がかなり遅れる

貴HPの説明に従ってKORGのM1とPC(サウンドボードはYAMAHA OPL3-SA) をJOYSTICK→MIDIで繋いだのですが、KEYBOARDを押すのと同時に発音せず、 すこし送れてから音がでます。
シンセの方もソフト(Cakewalk)もいろいろいじってみたのですがうまくいきません。

また、JOYSTICKポートを使用しない場合はどのような接続形態が考えられますか? アドヴァイスして頂ければ幸いです。 (1999.2.11)


A
現在、私もM1をマスターキーボードとして使用しています。 ギターフレーズのチョーキングを利用する際に、 M1のジョイスティックが使いやすいからです。
現在はM1の接続にジョイスティックポートを使用していないのですが、 私の環境では、特に気になるほどの”遅れ”はありませんでした。 サウンドカードはMwaveという、以前のアプティバ標準のものでした。 MACの場合はシーケンスソフト側で転送レートを設定するものがあるようですが、 Windows環境ではあまり目にしないようです。
Mwaveのほうも、転送レートやバッファの設定のようなものもなかった ように記憶しています。
ですから、残念ながら「わからない」としかお答えできません。 ただし、どのような接続形態で使用していても、 CPUが高負荷状態の場合は”遅れ”あるいは”もたり”のようなものを感じる場合があります。 音楽しているときに、シーケンスソフトのほかに同時に起動しているものがあれば終了させてみるか、 MIDIのプロパティにジョイスティック・ポート用のMIDIドライバのほかになにか稼働中のものがあれば、 それを無効にしてみるくらいの対策しか思い付きません。

MIDIは、情報量は少ないですが、時間的なタイミング管理は結構シビアなのでCPUの負荷は少ないに越したことはありません。 ただ、文面からさっすると、かなり遅れているように読み取れるので、 なにか別の問題があるのかもしれません。
まさか”M1のトラブル”ってことはないとは思うのですが、 以前に「うまくいかない」というメールをいただいた方の中に、 結局”キーボードが壊れていた”というケースがありました。 (非常にめずらしいケースだとは思いますが....)

JOYSTICKポートを使用しない場合はどのような接続形態が考えられますか?
私のところでは、DTM用の基本環境として普段使用するのは、SC88VLとM1だけです。 SC88はパソコンのシリアル・ポートに接続できるのですが、 MIDIインタフェースとしても機能するようになっています。 M1はSC88のMIDI INに接続し、そのままPCを経由させてSC88の音源部にMIDIメッセージが戻るようにして使用しています。

実は最近WIN98マシンを購入しました。これを使用するときは SC88を、SUPER MPU64というUSBポート対応のMIDIインタフェースを経由してパソコンに接続しています。 そしてこのときは、M1もSUPER MPU64に接続しています。
これはドライバの問題だと思いますが、SUPER MPU64には若干のレスポンスの悪さを感じます。

MIDIインタフェースはUSBポート以外では、シリアルポートかパラレルポートに接続するタイプが一般的です。 ただ、もしも汎用的なDTM音源(SC88などの)の購入予定があるのなら これを、MIDIインタフェースとして併用するのも一つの方法です。


Q.68 MIDIファイルをWAVファイルに変換するということは可能なのでしょうか?

MIDIファイルをWAVファイルに変換するということは可能なのでしょうか? もし、可能であるとすればどういったツールが必要でしょうか? お勧めできるソフトウェアとかありますか? フリーでそういったものがあればと思ってますが、シェアウェアでも何か あればと思ってます。
というよりそういうソフトを探しているうちにこのホームページを見つけた わけですが・・・
当方、Windows98マシンでSoudBlasterカードを使用しています。 (1999.2.11)

A
実は最近、この手の質問が多くてなかば、うんざりしているんですよ(^^; ということで、すでにこのページに何件か関連する内容を掲載済みなので、 該当するQ番号をお知らせすることでご容赦願います。

該当Q番号 : Q55,Q54,Q48


Q.67 QY22を持っているが、これから購入する音源はSC-88とMU-128のどちらが良いか

私は、DTMについて全くの初心者です。 今、QY-22(ヤマハ)を使ってます。 FAQの中でQY-20のMIDIデータを、パソコンに入れ込む方法がありましたが、 よく分かりません。 と言うのがサウンドカードについての知識がゼロなもので、、、
私のPCには、カードがささってはいないようです。 MIDI出力は、Internal ESFM SynthesisのMIDIと表示されています。 ノートパソコン(FMV-5133)なのですが、何を買ったらよいのでしょう。 近くの電気屋(一応パソコンフロアのある大きい所)できいても、 店員に全く知識がなく話になりませんでした。

それはそれとして、やっぱり外付の音源買おうかなとも、思ってます。 買うなら絶対後で後悔しないものがいいので、多少の出費は覚悟してます。
SC-88pro+UA-100(GS) か MU-128+ボード(XG) を考えています。 私としてはMU-128に心が傾いています。 しかしハード音源ではGSを使っている人の方が多いようなので、そのあたりが気にな ります。 実際GS用のデータとかよくみるし、GMデータばかりじゃないようだし、、、どうな んでしょう?

(1999.2.10)


A
FAQの中でQY-20のMIDIデータを、パソコンに入れ込む方法がありましたが、 よく分かりません。 と言うのがサウンドカードについての知識がゼロなもので、、、
これはサウンドカードの問題ということではなく、ソングデータ形式の 違いによるものです。 パソコンにQY-20のデータを取り込む場合は、PC側のシーケンスソフトを 録音状態にして、QY-20を曲の先頭から最後まで演奏して取込むしか ないのではないか、ということです。 取込む場合はPCとQY-20を接続する必要があるため、 PCにMIDIインタフェースを用意する必要があるのですが、サウンドブラスタ互換のサウンドカードは MIDIインタフェースとしての機能を持っているので、それがPCに付いているなら代用になる、 ということです。

ノートの場合はサイズを小さくしたいがために、接続ポートをオプションのポートベイ (リプリケータ)側に持っているケースがあります。
サウンドカードをMIDIインタフェースとする場合はジョイスティックポートを使用する事になりますが、 ポートベイ側にジョイスティックポートを持つノートの場合はポートベイが必要となります。 製品によってかなり違うので、このあたりは一概にはいえないので注意が必要です。 私の方では保証できないので.....

SC-88pro+UA-100(GS) か MU-128+ボード(XG) を考えています。 私としてはMU-128に心が傾いています。
UA100はUSBポートに接続するタイプで、しかもOSはWIN98でなければならないはずです。 お持ちのノートは大丈夫ですか? WIN98でUSB付きだったとしても、使えない機種(PC)があるようで、 このへんはROLANDもかなり神経質になっている様子がカタログなどからうかがえます。

いずれにしても少ない出費ではないので、気に入った方を買うのがベストだと思います。 なお、ノートにシリアルポートが付いているのならばSC88、MU128のいずれも直接接続する事ができると思います。 この場合はMIDIインタフェースは必要ないわけです。

...ハード音源ではGSを使っている人の方が多いようなので、そのあたりが気にな>ります。 実際にGS用のデータとかをよくみるし、GMデータばかりじゃないようだし、、、どうなんでしょう?
個人的な見解ですが、汎用的なDTM音源という意味では、SC88の方が良いと思います。 これはあくまでも好き好きですが、良くも悪くもROLANDの音の方がクセが少なく、素直な音色を持っています。 YAMAHAの音はすでにQYでお持ちなのですから、そういった意味でもSC88の選択には意義があるようにも思えます。
もしも、QY-22の音しか聞いた事がないのなら、SC88の音に次元の違いを感じると思います。
最近SC88PROはモデルチェンジしてSC88PRO-Gになり、価格が2万円くらい下がりました。 実売5万5,000円程度で入手可能ではないでしょうか。MU128の半額に近いと思います。

近くの電気屋(一応パソコンフロアのある大きい所)できいても、 店員に全く知識がなく話になりませんでした。
この手の製品については電気屋/普通のPCショップではなく、 楽器屋かもしくは特にDTMコーナの充実しているPCショップで相談した方が良いと思います。


Q.66 SMPTEでシーケンサーを同期走行させたいが、どんな機材が必要か

かなり昔からシンセサイザーで多重録音をして遊んでいました。 そのころ、MTRとシーケンサーの同期は単純で、FSKを録ってシーケンサーに戻してやれば、スタートから演 奏が始まるしくみだったのはご存知の通り。
その後、社会人になったりして音楽から遠ざかっていたのですが、最近きっかけがあって、また曲を書き始 めましたが、もー、ウラシマ状態です。
一番驚いたのはプロの世界の話と思ってたSMPTE同期がアマチュアでも実現していて、テープの途中からで も絶対時間を計って、シーケンサーが自動追従する(らしい)こと。
これを実現するのに必要な最小限の機材はどんな物になるでしょうか?

私の理解では、SMPTEからコンバータ機を介してMTC(MIDI TIME Clock)を作り、それに対応したシーケン サーを使う、というものです。
MTRに関しては、セミプロ用のスタジオを借りるつもりでいるので問題はないはずです。問題は、そこから 供給されるSMPTEをどう利用するか、ということだと思います。 (そして有料スタジオだからこそ、時間のかかるFSK同期は使いたくないわけです。)

あと、パフォーマー? ロジック? お高いシーケンスソフトはできれば買わないで済ませたいです。打ち 込み自体は愛機 MC-500と(最近憶えた)Midigraphyでやるつもりでいます。 そこからリアルタイムで流し込みを受けて、再生ができる、 さらにSMPTEと自分の中に持っている(ritやaccelなどの)テンポマップを同期・追従再生できる。 そういう環境が欲しいのです。

   シーケンサーは安めの可般型専用機、もしくはシェアウェア
   民生用シンクボックス(一応、SMPTEジェネレータ付きで)

この方針は間違っているでしょうか? 必要であれば高級ソフトもやむを得ないかな、と思っています。 (当方、PowerMacG3 MT266と自作Pentium200Mhzマシン所持) が、インターフェースボード費用(どうせならHDRにも使えるものを、とか考えるでしょう>自分)と習得 にかかる時間を考えると、二の足を踏んでしまいます。 最善の方法をご教授ください。

(1999.2.5)


A
私の理解では、SMPTEからコンバータ機を介してMTC(MIDI TIME Clock)を作り、 それに対応したシーケンサーを使う、というものです。
この理解で良いと思います。 ただ、現在ではSMPTEジェネレ−タ/リーダ付きのMIDIインタフェースが安く発売されているので、 コンバータ単体機というのは選択しにくいかもしれません。
メールには現在MIDIインタフェースをお持ちかどうかが書かれていませんが、 もしお持ちでないならSMPTEジェネレ−タ/リーダ付きのMIDIインタフェースを購入するだけで、 要件のすべてが満たされると思われます。

インタフェースはMACとWINDOWSの両方で使えるものが良いでしょう(同時には使えませんが)。 様々な種類がありますが、5万円以内で買える商品があると思います。

ただし、次の点は踏まえておいた方が良いと思います。

インターフェースボード費用..どうせならHDRにも使えるものを..
単体 HDRには普通はMIDI端子が付いていて、 同期用にトラックをつぶさなくてもMIDI OUTからMTCが出るはずなので、 この場合はSMPTEジェネレ−タ/リーダは必要ありません。
余談ですが、MTCは”MIDI TIME Clock”ではなく”MIDI TIME CODE”の略です。
MC-500
MC-500はMTCに対応しているのでしょうか? 今は手放してしまいましたが、私もMC500を所有していました。 TEAC 33-8のトラックを一つつぶして、FSKによる同期走行も行っていました。
MIDIにはMTCとは別に、タイミング・クロックが存在します。 MC500のCLOCKをEXTERNALにした場合に同期走行の基準になるのはタイミング・クロックの方で、 MTCではないと記憶しているのですがどうでしょうか? 私はSUPER-MRCの初期バージョンまでしか知らないので、その後のバージョンは分かりませんが.....
Midigraphy
これも、念のためにMTCに対応している事を確認した方が良いと思います。
ただし、MTCに対応していなくても、タイミング・クロックとソングポジション・ポインタの組み合わせで、 途中からの同期は可能だと思います。


いずれにしても、ご利用になる予定のスタジオの方に、自分で用意すべきものを確認してみた方が良いのではないでしょうか。 SMPTEではなくMTCをMIDI経由で送り出してくれるスタジオも多いような気がします。


実は私も昔、MC-500とフロッピDISKのみを持参してスタジオを利用した事があります。 もう10年以上前の話しです。
1トラックずつ曲の最初から最後まで演奏しながらレコーディングしたのを良く覚えています。
MIDIでのタイムコードによる絶対時間の同期走行が当たりまえとなり、 単体シーケンサとアナログマルチが殆ど姿を消し、 さらにMIDI搭載(音源搭載ではありません)のハードディスクレコーダが手軽に購入できるのが現状です。 それなりに良い時代だとは思われませんか?


Q.65 Webを見ている一般ユーザーからの質問も受け付けていただけるのでしょうか

ホームページでFAQを拝見してメールしました。 こちらのFAQページではこうしてWebを見ている一般ユーザーからの質問も 受け付けていただけるのでしょうか。 もしよろしければMIDIに関してお尋ねしたいことがあります。 (1999.2.4)

A
もちろん構いません。当サイトのFAQの内容のほとんどすべてが、 当サイトをご覧になった方から寄せられたご質問に対してお答えしたものからピックアップしたものです。
特定の商品使用に関するものについては、当方が実際に所有しているものであれば、 ある程度具体的なお答えができますが、 そうでない場合は分かる範囲でのみお答えします。
回答は私見を交える場合もあるため、 事前に必ず
「必ず読んでください」を一読してください。 これはサイトの記載内容についておことわりしているものですが、質問に関する回答内容についても同様に解釈願います。

また、質問および当方の回答は当ページで紹介する場合があることもあらかじめ御了承願います。 そして今後のために、できれば当方の回答が参考になったか否か、をお知らせください。
誤った回答にお気づきの場合も、遠慮なくご指摘願います。


Q.64 シーケンスソフトとMTRを同期走行させたいが、MIDI接続はどうすればよいか

SC-88ST Proを使ってます。 この音源モジュールには MIDI INが A,Bの2種類あります。 Aにキーボードを、BにMTRを挿してパソコンで稼動するシーケンスソフトとMTRを同期運転しようとすると シーケンスのデータは Aになってます。
AとBは系統が違うようなのですが、これを同じように使う事は可能でしょうか?

88STはMIDIインタフェースではなくパソコンのシリアルポートに直接接続しています。 MTRはVS840というハードディスクMTRです。 (1999.2.3)


A
SC-88シリーズをシリアルポートでPCに接続している場合、MIDI IN BからのMIDIメッセージはPCには行きません (これは88VLの場合ですが、ST Proも同じだと思います)。
MIDI IN AとBを同様に扱いたいのならば、何らかのMIDIマージBOXを使用して、 Bに繋ごうとしている機器をAに一緒に繋ぐ方法が考えられます。
多分パソコンショップでは”MIDIマージBOX”といっても正確に通じないと思います。 商品の種類については楽器屋で相談してみると良いと思います。


Q.63 MIDIで、なるべく良い音質でみんなに聞いてもらえるような方法はないでしょうか

先日、「MIDISCAN」と言うプログラムの体験版をダウンロードいたしました。 国産品と比較するとあまり認識率が高いとは言い難いのですが、 体験版でも「MIDI形式」で保存できるようだったので試しにやってみました。
確かに保存は出来、「Active Movie」では再生できるのですが、 「Cakewalk HomeStudio」では再生できないのです。それどころか、 「Cakewalk HomeStudio」では読み込みの途中でプログラムがフリーズしてしまうので す。(「Windows」が固まることはないですが・・・。)

もう一つ分からないことに「MIDISCAN」体験版に付属してきた 「MIDファイル」は「Cakewalk HomeStudio」でも読込み/編集が可能なのです。 同じ拡張子「mid」で何故こんな事になるのか分かりません。

質問の要旨をまとめると、「同じMIDファイルなのに「Cakewalk HomeStudio」で 読み込めるものと読み込めないものがあるの?」と言う質問です。
ファイルを確認していただけれは一目瞭然だったかとも思いましたが、 いきなりファイルを添付するのも失礼だと思い今回は遠慮させていただきました。 もし、お答えいただけるようでしたらお願いいたします。 (もしも、対象のファイルをご確認していただけるようでしたら、その旨ご連絡いた だけると幸いです。) (1999.2.2)


A
Q43で、SMF形式を確認する簡単な方法を紹介していますが、 ActiveMovieでは再生できる点に興味があります。ちょっと試してみたいので、送ってください。
このあと、問題のファイルを送っていただきました。以降の内容はファイルを確認した後に書いたものです。

送っていただいたファイルを試してみました。 私のPCにはCAKEのデモ版が入っているのですが、確かに同じ事象が私のところでも発生しました。
ただ、私の常用シーケンスソフトであるCubase(VST score 3.6)では問題無く読み込む事ができました。 Windows標準添付のメディアプレ−ヤでも読み込めます。 問題のファイルをQ43で紹介しているようにメモ帳で開くと、両方とも確かにSMFのようでしが、 どこがどのように影響して問題がでているのかを確認することはできませんでした。

もし、このSMFを第三者に配信して問題ないか否かを悩んでおられるのならば、 私は次のように考えます。
「すべてのPCユーザーがCAKEを使用しているわけではないので、 一般のPCユーザーに問題があるか否かは、メディアプレーヤで再生できるか否か、を判断基準にして良いのではないか。」

ちなみに、問題のファイルはVisionでも読み込む事がましたが、 シーケンス・スタジオ・ライトというフリーウェアでは一応読み込みは可能でしたが、 演奏情報が正しく取り込めていないようでした。ソフト会社のノウハウのようなものがあるのかもしれません。


Q.62 MIDIで、なるべく良い音質でみんなに聞いてもらえるような方法はないでしょうか

最近ホームページ制作をはじめたばかりなんですが 自作の曲をアップしたいと思っています。

わたしが使用している音源はRoland VSC-55で、 自分としては自信作もあったりするのですが、 やはり同じ音源環境をもったひと以外が聞くとなるとぜんぜん違うイメージで伝わるんでしょうね?
試しに最初からインストールされていたWaveSynthMIDIっていうやつで再生してみたら、 聞くに堪えないものでした。

そこで質問なのですが、 なるべく良い音質でみんなに聞いてもらえるような方法はないでしょうか? RolandのページにVSC-88のお試し版があったのですが、 再生時間が50秒に制限されているようなので、ちょっと使えないようです。 なにか方法がありましたらご教授いただきたいのですが..... (1999.2.1)


A
ご質問の件は、MIDIファイルで作品を発表しているだれもが直面している問題で、 避ける事のできないものです。
作品を作成時にモニターとして使用しているMIDI音源で最適な状態で鳴るように作成すると、 その他の音源では作者の意図した音では鳴らなくなります。 そして、PCにインストールされている音源でそこそこ鳴るように編集すると逆に、 まともなMIDI音源を生かす事ができなくなります。
これは避ける事ができません。MIDIで音楽配信する場合の宿命です。

できるだけたくさんの聞き手のことを考慮するのならば、

  • 推奨MIDI音源を表記する。
  • GSバンクを使わずにGMの範囲で作成する。 すなわち、バンクセレクトを使用せずに、 プログラムチェンジのみで呼び出す事のできる128種類の音色のみを使用する。

このくらいしか方法はないのではないでしょうか。

私の場合は、「せめてSC88系をお持ちの方にだけは最適な音で 聞いて頂きたい」と割り切っています。 現在ではVSC88がプレインストールされているPCもあると聞きます。 ローランドはマイクロソフトやアップルに音源用波形データを提供しているので、 「VSC88で、まともに鳴るようにつくる」というのは妥協点の一つとしては妥当な線ではないでしょうか。
音源の種類を考慮していては、きりがないと思います。


Q.61 圧縮されたMIDIデータを解凍するためのソフトは、どこで手に入る?

圧縮されたMIDIデータを解凍するためのソフトをダウンロードしたいのですが、 どにありますか? (1999.1.31)

A
メジャーなダウンロードサイトということで「窓の杜」から落とすのが良いと思います。 下のURLは同サイトの圧縮/解凍関連のソフトに関するページです。

http://www.forest.impress.co.jp/archiver.html

ここにはたくさんのソフトあります。説明も載っているので、希望に合ったものを探してみてください。
ちなみに、MIDIファイル専用の圧縮フォーマットというのはありません。


Q.60 ギター用のエフェクタはマルチとコンパクトのどちらのタイプが良いか

私の中2の息子がギターをはじめ、エフェクターをほしがっているのですが私も本人も初心者なので、何を買っていいか分かりません。
マルチとコンパクトがありコンパクトの方が使いやすくくて良い、というところまでは調べたのですが、 本人はマルチが欲しいと言います、(BOSS.ME-30)

よろしければ初心者にはそのようなものがよいのかアドバイスいただければ幸いです。 書き忘れましたが本人はビーズやgrayをコピーしております。 (1999.1.30)


A
まずお断りしていおきたいのは、私はビーズやgrayのギターの音を知らないという点と、 ご子息がギターのほかに何をお持ちなのかがわからない、という点です。
ですから、アンプを持っていない、またはディストーションとEQ程度のツマミしか付いていない 安価なギターアンプのみを所有している場合を前提にして一般論でお答えしたいと思います。

結論から言うと、迷わずマルチエフェクターを購入すべきです。 次のページに質問の製品の情報があります。
http://www.rolandcorp.com/japan/products/boss/ME-30.html

良く耳にするギターのサウンドは次のエフェクターの組み合わせで成立っています。

■”デストーション(またはオーバードライブ)”
■”コンプレッサー”
■”コーラス”
■”ディレイ”
■”リバーブ”

コンパクトエフェクターは確かに組み合わせの自由度やパラメータ(ツマミ)が少数であるという 意味で使いやすいかもしれませんが、これは基本的には単機能なので、サウンドのバリエイション を得るには複数個用意しなくてはなりません。
ただしエフェクターの種類はたくさんあるので、欲しいものだけを用意したり、 あとから欲しいものだけを追加する事ができます。
マルチエフェクターはこれらの複数のエフェクタを一つの箱に収めたものなので、 得られるサウンド・バリエイションを考えると、コストパフォーマンスという意味で圧倒的に有利です。 もちろん必要であればマルチエフェクターのまえにコンパクトエフェクタを繋ぐ事もできます。
また、ご質問のME30はギターアンプ・シミュレータも内蔵しているので、 ヘッドフォンやラジカセ、オーディオコンポなどでも結構満足のいくサウンドを得る事が可能なはずです。


Q.59 MIDIファイルを、CD-Rを使い、CDに入れてオーディオCDで聴きたい

自作のMIDIファイルをCD-Rを使い、CDに入れてオーディオCDで聴きたいのですが、 その為にはMIDIをWAVEファイルに変換しないといけないのしょうか?
また、MIDIをWAVEに変換できるソフトがあれば教えてください。 (1999.1.29)

A
CDのファイル形式は単純なWAVファイルとは異なります。 CDの形式に変換する部分はCDライティングソフトに任せる事になります。 使用するライティングソフトの仕様によるでしょうが、 WINDOWSの場合は事前にWAVファイルにしておいてからライティングソフトで読み込む場合が多いと思います。 また、ソフトによっては、音声を直接あつかうことのできるものがあると思います。

WAVファイルにしておく場合ですが、いかなるソフトを使用しても 正確にMIDIファイルをWAVファイルに変換するのは期待できません。 MIDIファイルは電子的な楽譜のようなもので、音色の音声波形情報は含まれていないからです。
MIDIファイルをMIDI音源で再生しながらWAVファイルとしてデジタル録音してしまうのが一番現実的だと思います。 CDライティングソフトにもWAVファイルにデジタル録音することが可能なものがあるはずです。 お持ちのソフトを確認してみてはどうでしょうか。

”変換”とは少しニュアンスがことなりますが、 先ほど「MIDIファイルをMIDI音源で再生しながらWAVファイルとしてデジタル録音する」と書きました。 実はこれをソフトウェアでシミュレートするシェアウェアを以前に「窓の杜」のソフトライブラリで見かけました。 ちょっと探してみてはどうでしょうか。


Q.58 ビギナー向けの解説を読みましたが、まだ MIDIがよくわかりません

ついこのあいだパソコンをはじめたばかりなのですが、インターネットを楽しむうちににMIDIの存在を知り、 興味を覚え、サーチエンジンで「MIDI、解説、初」と検索した結果、こちらにたどり着きました。
でも、ビギナー向けの解説を読みましたが、まだよくわかりません。

そこで、質問というかお願いなんですが、やさしい文献があったら教えていただけないでしょうか? (1999.1.27)


A
書店のパソコンコーナやパソコンショップのDTMコーナー、 楽器屋の書籍コーナには、多数の「初心者向けDTM...」のような 本が置いてありますが、殆ど中身を見た事がないため、 残念ながらお勧めの書籍として適当なものは分かりません。
ただし、MIDIはパソコン用の規格ではなく、あくまでも楽器の規格なので パソコン・ソフトの書籍の出版社よりはリットーミュージックなど、 音楽雑誌を出版しているところの本を中心に探してみるのが懸命です。

Q19で、「MIDIバイブル」という本を紹介しています。 この本は持っていて損はないと思うのですが、さしあたって初心者にはなにやらムズかしそうに見えると思います。 この本の内容ははMIDIの本質に沿ったものなので、 パソコンとの接続などにはあまり具体的には触れられていません。
これとは別に、キーボードマガジンなどの雑誌を毎月ながめるのも良いのではないでしょうか。

MIDIをおおざっぱに概説すると次のようになります。これを踏まえておけば、 多少は理解しやすくなると思います。

MIDIとは --------------------------------------

キーボード(楽器の)は、演奏する人が楽器に対して行ったあらゆる行為をLOG情報のようなメッセージにしてタレ流す(MIDI OUT端子から)機能を持っています。 MIDIはそのメッセージ形式を通信規約とともに統一規格化したものです。
そしてキーボードはメッセージをタレ流すだけなく、他のキーボードがタレ流したメッセージを受け取る(MIDI IN端子から)と、 あたかも演奏者が自分に対して行為したのと同じように振る舞う機能も持っています。

ではどういうメッセージがあるかというと、代表的なものとして次のものが上げられます。

■鍵盤上のどの鍵を押したか/離したか
■どの音色に設定したか
■音量はどの程度に設定したか
どれか鍵を押したときは「xxの鍵を押したよ」というメッセージが出力され、 離したときには「xxの鍵を離したよ」というメッセージが出力されます。

MIDI規格ではメッセージの形式のほかに、メッセージの転送レートや接続端子の形状が決められています。 素の状態のパソコンにはMIDI規格にあった接続端子は装備されていないので、 MIDI規格にあわせたインターフェースが必要になります。
ただし、パソコンで使うことを基本とした、DTM用の音源(ROLANDサウンドキャンバスやYAMAHA MU等)は、 MIDI端子とは別にパソコンに直に接続できる端子を持っています。 この場合は楽器の側がパソコンに歩み寄っているわけです。

メッセージに話しを戻しますが、 「xxの鍵を押したよ」とか「xxの鍵を離したよ」といったメッセージを”ため込み”、 実際に出力された時間間隔で送り出すことができれば、あとから同じ演奏を再現できます。
WINDOWSでの拡張子MIDのファイルはこの”ため込み”のファイル形式を統一したものです。 このファイル形式を正式には「スタンダードMIDIファイル」といいます。 WINDOWSではこれを「MIDIシーケンス」と呼んでいます。また「標準MIDIファイル」というように直訳される場合もあります。
MIDIシーケンスソフトとは”ため込み”したファイルを編集したり、または1から作成することが出来るソフトのことです。 もちろん”ため込む”こともでき、メッセージが実際に出力された時間間隔で送り出すこともできます。

紛らわしいところでは、「ソフトMIDI」という言葉があります。 これは「MIDI対応のソフトウェアシンセサイザー」のことで、音源のことを指しています。


Q.57 少しは良い音のするサウンド・カードが欲しいが、どういうものが良いか

現在Aptivaを使っています。 今回 Win98で不具合のあるMWAVEをはずしてなにかサウンドカードを付けようと思っています。 音が鳴ればいいので、なんでもいいのですがサウンドブラスターを購入しようかと思っています。(ISA版)
しかし サウンドブラスターと言ってもさまざまな種類があり、どれがどう性能が違うのかわかりません。 WAV再生に効くのかMIDI再生に効くのか・・はたまた・・・?
ちなみにソフトシンセはローランドのVSC-88M Ver2 を使っています。 鳴ればいいですが、すこしはいい音で聞きたいとは思います。

また、MIDI再生は外部音源 or ソフトシンセがいいのでしょうか?サウンドカード音源は良くないのでしょうか? (1999.1.26)


A
ソフトシンセサイザーはサウンドカードのDAコンバータを使用して発音します。 デジタルものの音質はこのDAコンバータで決まるといわれています。

パソコンに求める音のクオリティは千差万別で、一概には言えませんが、 パソコンに装着する一般の方が使用するもの、 要するにパソコンショップの店頭に並んでいる類のものはどれも音質的には大差ない、 と考えて良いと思います。 もちろん高価(7,8万円くらい)なものは別ですが、そういう類のものはパソコンショップではなく 楽器店で売られています。
安価なものであってもデジタルオーディオ端子を装備したものならば、 音質的には安心できますが、 この場合はモニターがデジタルIN PUT端子を装備している必要があります。

サウンドブラスタについては、これ専門に情報発信をしている方が いるので、この方のURLを書いておきます。

http://www.bekkoame.or.jp/~metoh/index.html

もし、PCがUSB端子を装備したものならば、 ROLANDのオーディオ・キャンバスという商品を検討の対象にしても良いのではないでしょうか? 多分VSCでも問題無く使えるのではないかと思いますが、 使用可否については念のためメーカに確認したほうが良いと思います。


Q.56 外部MIDI音源からPCへのハードディスクレコーディングは出来ないのでしょうか?

DTMを初めて10ヶ月の素人ですが、作曲をホームページで発表しています。 これまでのDTM環境は
PC:IBMアプティバ
音源:VSC-55
シーケンサー:Cubasis J
サウンドカード:Mwaveサウンドブラスター互換
でしたが、先日CakeWalk Home Studioを入手したのでwavファイルを扱える環境になり、 ソフトシンセでは、動作が不安定な場合があるためCPUに依存しない外部音源を購入いたしました。 購入したのはSC-88Proです。
接続はサウンドブラスターMIDI接続ケーブルを使用しています。

SC-88にヘッドホンを付けて聞く事は出来ました。 SC-88のラインアウトに外部スピーカーを直結しても音は出ました。 しかし、SC-88のラインアウトからPCのラインインに接続して、PCのスピーカーから音を出そうとすると、 出ません。
私はリアルオーディオファイルを作成するためにwav録音がしたいのですが、 音源から直接PCでハードディスクレコーディングは出来ないものでしょうか? この方法では無理なのでしょうか、又は何かの機材もしくはソフトによって可能になるものでしょうか?
是非、アドバイスをお願いします。

困りはてて、「MIDI+接続」で検索して貴ページにたどり着きました。 アプティバとMwaveの文字が目に入り「同じ環境だ」と小躍りしました。 (1999.1.25)


A
オーディオステーションというMWAVEコントロ−ル用のアプリケーションがあると思いますが、 入力、ゲーム、MIDI、...などのボリュームのあるコンポの”ライン”をクリックし、 インジケータがグリーンに点灯した状態にしておけば、 CakeでPlayを開始したとき、MIDI音源の音をPCを経由してモニターすることが出来ると思います。

ところが、このまま録音することも可能だと思いましたが、うまくいきませんでした。
私はCubase VSTという、ソフトを使用していますが、 この場合は先ほどのオーディオ・ステーションの設定のままで録音することが可能でした。 実は私のPCに入っているCakeはデモ版なので、環境が同じかどうかを厳密には確認できません。
ただし、このままでCubaseでは可能なのですから、 PCおよびMwaveの設定は、オーディオ・ステーションでLINE INがONであれば良いのではないかと思います。


Q.55 MIDIファイルをauファイルに変換する方法を知りたい

最近ミュージ朗を購入し曲を作ってみたのですが、 MIDIファイルをauファイルに変換する方法を知りたいのですがどうすればよでしょうか? (1999.1.24)

A
ご承知のように、MIDIファイルに保有する情報は基本的には音階情と音符の長さ情報に過ぎないので、 デジタルオーディオファイルのフォーマットのひとつであるAUフォーマットに単純にコンバートすることはできません。
ただ、デジタルオーディオファイルをMIDIファイルに変換するよりは、技術的にはMIDIをデジタルオーディオにするほうが現実みあるのではないでしょうか。
要するにソフトシンセサイザーを鳴らす行為をバッチでシミュレートしてデジタルオーディオとして書き出せば良いわけですから...。

実はこれを行うソフトをどこかで見た記憶があります。ソフト名や入手方法は残念ながら記憶にありませんが.....

また、Visionというシーケンスソフトの中に、MIDI=>Audio, Audio=>MIDI、という機能を搭載したものがあります。 これがどのようなもので、どの程度実用性のあるものは分かりませんが、 少なくとも、MIDIファイルを正確にオーディオファイルに単純に変換する方法はない、と思って良いと思います。


Q.54 Cubase上で作成したMIDIをCubaseのAudioファイルにしたい

教えていただきたいことはCubase VST4.0dでのハードディスクレコーディング についてです。
Cubase上で作成したMIDIをCubaseのAudioファイルにするにはどうしたらよいのですか? (1999.1.24)

A
ご承知の通り、MIDIは演奏情報に過ぎないため、MIDI対応音源を通してはじめて音になります。 そのMIDI音源が単体のハード音源であったり、ソフトウェアシンセサイザーであったりします。
ハード音源を使用する場合は単に音声出力(LINE OUR)端子とMAC(またはオーディオボード) のLINE INを結線して、Cubaseの録音元(ASIOの指定)を、MACのLINE INの場合はサウンドマネージャ、 オーディオボードLINE INの場合はそれ専用のドライバに指定すればOKのはずです。

ソフト音源を直接Cubase VSTのオーディオ・ミキサーに立ち上げる挙げる場合は、 ソフト音源側ががSTEINBERGが開発したソフトウェアベースのオーディオバス (オーディオの経路とでもいえばよいでしょうか)であるReWireに対応している必要があります。 もしも、VSC88がこのReWireに対応すれば、 ダイレクトにCubase VSTに音声を取込むことが可能になると思われます。
現在、このReWireに対応しているソフトシンセはSTEINBERGのReBirthくらいしかないと思います。

MAC内部でのMIDIの流れはOMSなどのメジャーなマネージャーがあり、内部で自由に接続する事ができますが、 現状ではAUDIOの場合はそうもいかないようです。

もしかしたらQuickTimeのMIDI音源ならばダイレクト録音する方法があるのかもしれませんが、当方には分かりかねます。


Q.53 キーボードで弾いた曲(MIDIで)をメールに添付して送りたいが、必要なものは?

私はMIDI端子付きのキーボードとノートパソコンを持っています。 目的はキーボードで弾いた曲をそのまま保存してメールに添付 して送る事です。

現在のパソコンは処理が遅く、ソフトMIDIも入っていない状態なので、 既にソフトMIDIがインストールされた新しいノートパソコンを購入予定です。 キーボードで音響効果を出しても音が抜けたりせず正常に処理できる為には ノートパソコンにどの程度の性能が必要なのか教えて下さい。
また、PCカードとはMIDIの場合どんな役割なのでしょうか? どんなものがあるのでしょうか? シーケンサーは絶対必要なものですか? 最低限、記録ができればいいので良いものがあったら 教えて下さい。

それと、他に必要なものを教えて下さい。現在所有しているのは、

パソコンはNEC Lavie PC9821Nw150
キーボードはCASIO Piacere CPU-7
購入予定のパソコンはSONY VAIO 505シリーズのどれか
(ノートであれば他の物でもいいのですが・・・。)
「初めまして」で質問責めになってしまって、申し訳ありません。 どうぞ、よろしくお願い致します。 (1999.1.24)

A
既にソフトMIDIがインストールされた新しいノートパソコンを購入予定です。 キーボードで音響効果を出しても音が抜けたりせず正常に処理できる為には ノートパソコンにどの程度の性能が必要なのか教えて下さい。

まず、ソフトMIDI(ソフトウェア・シンセサイザー)がプレインストールされて いるということは、そのマシンはソフトMIDIの最低限のシステム要件を備えている、 と解釈しても良いのではないでしょうか。
音質を考えるとYAMAHAのものであれば、SYG20よりもSYXG50が、 RolandのものであればをVSC55よりもVSC88がインストールされているものが良いとおもいます。
ちなみに現在市販されているVSC-88H(実売6,000円弱)のシステム要件は Pentium 166MHz以上、MMX Pentium 150MHz以上またはPentiumU搭載機となっています。
現在市販されている普通のマシンであれば、大方システム要件をクリアしている と考えても良いと思います。 ところが、メーカがマニュアルに記述しているこれらのシステム要件は、 営業戦略的要素も多分に含んでおり、また同時に使用するシーケンスソフト などの負担も考えると、CPUパワーの余裕は大きいに超したことはない、 といわざるをえません。 私のところにはMMX Pentium 200MHzのThinkPadがあります が、これで、VSC-88Hを使用すると、MIDIデータによっては音切れが発生します。

実はマシンパワーの余裕のほかにソフトMIDIの重要な注意点があります。

ソフトMIDIはほぼどんな製品も、発音までにコンマ数秒ほど遅れるのをご存知でしたか? 鍵盤で演奏する場合、キーを押してから鳴り始めるまでに、コンマ数秒のインターバルが生じます。 これはソフトMIDIの宿命で、どんなにマシンパワーがあっても、今のところは解消しません。 そのため、ソフトMIDIはMIDIファイルなどのプレイバックには問題ありません(一律遅れるからです)が、 手弾きには向かない、といわれています。
もちろん、手引きのモニタ時にはサウンドカードのMIDI機能でがまんして、 再生時のみソフトMIDIを使用するという手はあります。
でも基本的にはソフトMIDIは同じメーカのハード音源をシミュレートしたものですから、 VSC88であれば、サウンドキャンバスSC88系のハード音源でモニターするのが理想的です。

以下、それでもソフトMIDIを使用する場合について書きます。

また、PCカードとはMIDIの場合どんな役割なのでしょうか? どんなものがあるのでしょうか?

MIDIに関するPCカードの種類はあまり多くないと思います。 TDKとRolandからMIDI音源兼MIDIインタフェースのPCカードが発売されているくらいしか思い付きません。

お手持ちのMIDIキーボードをノートに接続する場合には次の4とおりの方法が考えられます。

  • シリアルポートまたはパラレルポートに接続するタイプのMIDIインタフェースを購入する
    ノ−トの場合、薄さを追求するあまり本体にはこれらのポートを備えていないものが多いので、 これらのポートをそなえたリプリケータ(拡張ポートベイ)が必要となります。

  • ジョイスティックポートなどから専用のMIDIアダプタケーブルを使用してキーボードを接続する
    ノートにサウンドブラスタ互換のサウンドカードが装備されているなら ジョイスティックポートがMIDIインタフェースとしても機能するようになっている場合があります。 ただし、これも本体の薄さのためポートがノート本体に無い場合があります。

  • PCカードにMIDIキーボードを接続する
    これはスマートな接続形態ですが、PCカード内蔵のMIDI音源は1世代前のもので、 それほど良い音ではありません。 場合によってはソフトMIDI(VSC88級)のほうが良いかもしれません。

  • USBポート用のMIDIインタフェースを使用する
    2万円台でRolandのものが手に入ります。

シーケンサーは絶対必要なものですか? 最低限、記録ができればいいので良いものがあったら教えて下さい。

少なくともWindowsに標準添付されているソフトのなかに、 MIDIレコーディングができるものはありません。
パソコンの機種によっては簡単なシーケンス・ソフトがプレインストールされている機種も多いと思います。 (どのノートに何がインストールされているか、までは私には分かりません)

高価なMIDIシーケンスソフトは主に編集時の使い勝手が安価なものと違うので、 ただ弾いて録音するだけなら、高度なものは不要だと思います。 良く雑誌の付録CD-ROMにもフリーウェアが収録されています。

もし予算が許すのならば、USBポート用のMIDIインタフェースとSC88系のハードMIDI音源を購入し、 ソフトMIDIは第三者へMIFIファイルを配布する場合のリファレンス用にするのが最善の選択だと思います。





TO HOME


- 1996-1999 izmi All rights Reserved. -