TO HOME


■パソコンと MIDI機器のシリアル・ポートを使用した接続(追補)

最近の MIDI音源モジュールではシリアル・ポート用の接続端子を装備するのが一般的になりつつありますが、 筆者は以前某雑誌で、「MIDI音源とPCシリアルポートの直接接続はあまり好ましくない」のような記事を目にしたこともあり、 また自分自信では試したこともなかったために、シリアルポート接続の解説を簡単に済ませていました。

ところが最近、シリアルポート接続に関する質問メールをいただくことも多くなり、 またサウンド・カードのジョイスティックポートをMIDIインターフェースとして使用した場合には、 カード自身のMIDI音源機能が必要最小限のMIDIメッセージにしか対応していないがために ジョイスィックポートでの入出力も最小限のMIDIメッセージに限定している (Mwaveの初期バージョンではシステム・エクスクルーシブを無視するようです)ことにより、 外部 MIDI音源を十分コントロールできないなどの問題があります。

そこでこのたび自分で実際にシリアルポート接続を実施してみたところ、動作上なんら不備な点は見受けられず、 かえって程度の悪いサウンド・カードをMIDIインターフェースとして使用するよりも安定しているような印象を持ちました。

このページはシリアルポート接続の手順とシリアル接続した MIDI音源を「音源兼 MIDIインターフェース」 として使用する場合の接続例をまとめたものです。ローランド社のSC-88VLを例にしていますが、 他メーカの場合も基本的な考え方は同様なはずです。

■パソコンと MIDI機器のシリアル・ポートを使用した接続
■MIDI機器の追加接続例(拡充中)





TO HOME


- 1996-1997 izmi All rights Reserved. -