当サイトのインデックスと最新の更新情報はこちらのトップページに掲載されています。

TO HOME

【何を買えば良いのか】


■あなたは DTMで何をしたいのか?どの程度の音質をのぞむのか?

DTMの環境を構築するに当たって重要なのが"それで何をしたいか""どの程度の音質をのぞむか"です。
これが明確でなければ"xxxxxxxとxxxxxxxxxを購入しなさい"と助言することは出来ません。

また、何をしたいのかが決まったら、それを"どういうふうにしてやりたいか" を明確にする必要があるでしょう。

この3つの要素、1)何をしたいか2)どうやって3)どの程度の音質か、これらは微妙に相互間系があるところに DTM環境構築のわかりにくさがあるようです。

【あなたは何をしたいのか】
NO. 何をしたいか? 必要な物および留意点等
1-1 市販されているもの、またはインターネットならびにパソコン通信からダウンロードした MIDIファイルをただ再生するだけ SMFを再生するだけならば、特に MIDIシーケンス・ソフトを購入する必要はありません。メディア・プレーヤで充分です。
次に、どの程度のクオリティ(音質)で再生したいかを明確にする必要があります。 【どの程度の音質か】
1-2 すでにある MIDIファイルをベースに自分なりのアレンジ(編集)を加えるなどして楽しみたい 編集の程度にもよりますが、プレインストールの MIDIシーケンス・ソフトは機能や操作性おいて市販品にはかなわない、と考えるべきです。 次に、編集をどうやってやりたいかを明確にする必要があります。 【どうやって、それをやりたいのか】
また、どの程度のクオリティ(音質)で編集したファイルを再生したいかを明確にする必要があります。 【どの程度の音質か】
1-3 オリジナル作品であるかどうかは別として、ゼロの状態から曲を作成したい 迷わずに、まともな市販品 MIDIシーケンス・ソフトを購入すべきです。 次に、どうやって作成したいかを明確にする必要があります。 【どうやって、それをやりたいのか】
また、どの程度のクオリティ(音質)で作成した曲を再生したいかを明確にする必要があります。 【どの程度の音質か】


【どの程度の音質か】
NO. どの程度の音質か? 必要な物および留意点等
2-1 サウンド・カード内蔵の MIDI音源でがまんできる 特に必要なものはありません。
でも一度、外部 MIDI音源の音を聞いてみることをおすすめします。
2-2 ソフト・シンセサイザーの音でがまんできる ソフト・シンセサイザーの製品版を購入するか、または試用版を使用し続ける方法があります。
でも一度、外部 MIDI音源の音を聞いてみることをおすすめします。

なお、1-2,1-3で、市販品 MIDIシーケンス・ソフトの購入を決めた場合は、 CPU負荷の関係でソフト・シンセの併用をあきらめた方が無難です。

2-3 鑑賞に耐えられる音質(ソフト・シンセサイザーよりましな音)で鳴らしたい 外部 MIDI音源が必要となりますが、鍵盤付きにするか、モジュール・タイプにするかを決める必要があります。 【どうやって、それをやりたいのか】
また、最低でも外部 MIDI機器をサウンド・カードのジョイスティック・ポートに接続するための MIDIケーブルが必要になります。



【どうやって、それをやりたいか】
NO. どうやって演奏データを作成編集したいか? 必要な物および留意点等
3-1 鍵盤は弾けないので、数値によるステップ入力しかしない 特に鍵盤は必要ありませんが、MIDIシーケンス・ソフトは数値入力が得意なものを選ぶ必要があります。
レコンポーザーというソフトが良いでしょう。
でも一応、鍵盤はあったほうが何かと便利です(弾けなくとも)。
3-2 マウスで音符を貼り付けたりして、演奏データを作成/編集したい。 特に鍵盤は必要ありません。MIDIシーケンス・ソフトは特に数値入力が得意なものを選ぶ必要はありませんが、 音符を貼り付けたいのであれば、譜面編集画面を持つものを選ぶ必要があります(今ではほとんどのものが備えているとは思いますが....)
でも一応、鍵盤はあったほうが何かと便利です(弾けなくとも)。
3-3 鍵盤を使ったステップ入力や、実際に鍵盤を弾いて録音するような感覚で演奏データを作成し、 必要に応じてマウスで編集したい あたりまえですが鍵盤が必要です。ただし鍵盤付きの外部 MIDI音源(要するにシンセサイザーです)にするか、 鍵盤と鍵盤なしの MIDI音源を購入するかを決める必要があります。
なお、手弾きを前提とした場合、MIDI音源としてソフト・シンセサイザーを考えていた方は、これをあきらめる必要があります。 現時点でのソフト・シンセサイザーはコンマ数秒程度の発音の遅れが生じます。






TO HOME


- 1996-1997 izmi All rights Reserved. -