当サイトのインデックスと最新の更新情報はこちらのトップページに掲載されています。

TO HOME

【DTMの基礎知識とMIDIシーケンス・ソフトおよびMIDI音源の位置づけ】

■拡張子".mid"のファイルを捜してみましょう

あなたのパソコンには最初から、いくつかの拡張子".mid"のファイルがハードディスクにあるはずです。それを捜してみましょう。

【拡張子".mid"のファイルを捜してみましょう】


DTMというのは、拡張子".mid"のファイル(SMF)を演奏/編集/作成する行為を、 パソコンを使用して机上で完結するような小規模の機器構成で楽しむこといいます。
実際には、扱うファイル・フォーマットは拡張子".mid"のファイル(以下、これを「SMF」とします)だけではありませんが、 それについては後で解説します。




■SMFから音に至るまでのプロセス

SMFに入っているのは、アナログ・オーディオでもデジタル・オーディオ信号でもありません。 入っているのは演奏情報にすぎません。 言ってみれば、SMFは"電子的な楽譜"のようなもので、 それを読んで"演奏する人"と、その人が演奏する"楽器"がなければ音にはなりません。

【SMFから音に至るまでのプロセス】


それでは、次に DTM環境に関係のある Windowsの設定をみてみることにしましょう。



■DTMに関係のある Windowsの設定

【SMFから音に至るまでのプロセス】で、 「 Media Playerは Sound Cardに対して直接演奏情報を送信しているのではなく、ドライバーに出力している」 と書きました。
あなたのパソコンの Media Playerが、どのドライバーに対して演奏情報を送信するようになっているのかを確認してみましょう。

また、く【拡張子".mid"のファイルを捜してみましょう】で、Media Player以外のソフトが起動した方、 ダブル・クリックによって起動するように指定されているソフトはなんであるか、を確認してみましょう。

【DTMに関係のある Windowsの設定】


DTM環境を整えるにあたって最低限押さえておきたい Windowsの設定に関する知識はこんなもんです。
問題なのは Windowsの設定より、ここまでで何度も出てきている MIDIの知識といえます。 MIDIはパソコンの用語ではなく電子楽器の用語です。

MIDI(まだ、ここを読む必要はありませんが)というのはこれまでに"演奏情報"として書いてきた部分を規格化したものです。 下の表で青く示した部分が MIDI規格に準拠しています。

【 MIDIの位置づけ】
項目 流れ →
1生楽器の生演奏楽譜演奏家 楽器
2DTMの場合 SMFMedia PlayerSound CardSpeaker
3受け渡し方法演奏情報演奏情報演奏情報Digital AudioAnalog AudioAnalog Audio

ただし、もちろん Media Playerのようなプレーヤ・ソフトの内部データ形式まで MIDIが規定しているわけではありません。


冒頭で、

DTMというのは、拡張子".mid"のファイル(SMF)を演奏/編集/作成する行為を、 パソコンを使用して机上で完結するような小規模の機器構成で楽しむこといいます。

と書きました。あなたは、ここまでですでに"演奏"の部分を体験したことになります。

Media Playerでは演奏しかできませんが、 SMFを演奏/編集/作成するソフトウェアを MIDIシーケンシング・ソフトウェア (MIDIシーケンス・ソフトウェアあるいは単にシーケンス・ソフトと略します)と呼びます。
そしてMIDI規格に準拠した演奏情報を受取って発音するもののことを MIDI音源と呼びます。 このMIDI音源はシンセサイザーです。つまり、Sound Cardはシンセサイザーとして振舞っていたわけです。



■MIDIシーケンス・ソフトと MIDI音源

ここで、前の節で示したしめした表【 MIDIの位置づけ】を一部変更します。 Sound Cardの内部のオーディオの部分にはデジタルとアナログの部分が存在しますが、 最終的にアナログ・オーディオで出力されます。いずれもオーディオなので以降単に「オーディオ」とします。
前に書きましたが、Sound Cardのオーディオ出力は端子の形状こそ違いますが、カセット・デッキなどのライン・アウトと同じ信号です。

【 MIDIの位置づけ(青の部分)】
項目 流れ →
1生楽器の生演奏楽譜演奏家 楽器
2DTMの場合 SMFMedia Player
(MIDIシーケンス・ソフト)
Sound Card
(MIDI音源)
Speaker
3受け渡し方法MIDIファイル独自FormatMIDIMIDIAudioAudio


MIDIシーケンス・ソフトとはどのような演奏家か?

この演奏家は楽譜に書かれていないことは何もしてくれません、忠実に演奏するだけです。 そのかわりに、頭の中に覚えた曲の「この部分をこういうふう演奏しろ」という指示(編集)は受け付けてくれ、 指示した内容に楽譜書き換え、それを次に演奏するときのために保存してくれます。
また、そもそも楽譜(ファイル)を使わずに、直接曲を教える(演奏情報のレコーディング)と、ちゃんとそれを覚えてくれます。

(メディア・プレーヤはこれらのうち演奏だけしてくれます)

そして、これは最も重要な点の一つですが、一人でたくさんの種類の楽器を同時に弾いてくれるのです。
譜面に書いてあれば、ハーモニカをふきながらギターを弾き、しかも足でピアノを弾いてくれる、といった感じです。


MIDI音源とはどのような楽器か?

MIDI音源は楽器、というより楽器屋さんのようなものです。 「ギターが欲しい」といえば倉庫からそれを持ってきて、机の上に置いてくれます。同じものをいくつも持っていて、同じ楽器をいくつも机の上に置くこともできます。 ただし、その机には 16個までしか楽器を置くことができません。

演奏家は机上に置かれた楽器だけを弾くことができるわけです。



MIDI音源の位置づけを確認しておきましょう。MIDI音源はたくさんの楽器を持っています。ただし Sound Cardが持っている楽器はどれも安物ばかりで、ちっとも音が良くありません。
単純に音を良くするにはこの部分差し替える、すなわち良い音のする楽器を持っている楽器屋へいくのが近道です。

【 MIDI音源の位置づけ(赤の部分)】
項目 流れ →
1生楽器の生演奏楽譜演奏家 楽器
2DTMの場合 SMFMedia Player
(MIDIシーケンス・ソフト)
Sound Card
(MIDI音源)
Speaker
3受け渡し方法MIDIファイル独自FormatMIDIMIDIAudioAudio


次に、MIDIシーケンス・ソフトの位置づけを確認しておきましょう。MIDIシーケンス・ソフトは楽譜に忠実な演奏家です。 いいかげんに書かれた楽譜をあたえれば、そのとおりにいいかげんに演奏します。楽器を高価なものに替えても演奏のいいかげんさは絶対に直りません。

【 MIDIシーケンス・ソフトの位置づけ(赤の部分)】
項目 流れ →
1生楽器の生演奏楽譜演奏家 楽器
2DTMの場合 SMFMedia Player
(MIDIシーケンス・ソフト)
Sound Card
(MIDI音源)
Speaker
3受け渡し方法MIDIファイル独自FormatMIDIMIDIAudioAudio

ただし、先ほども書いたように、演奏家は「ここをこうゆうふうに弾きなさい」と、こと細かに指示してやればそれに応じてくれます(メディア・プレーヤではできませんが)。


みなさんのパソコンには、ひとつくらいそんな変更指示に応じてくれる演奏家がプレ・インストールされているかもしれません。
しかしながら、プレ・インストールさているソフトには、ひととおおりの機能は備えていても、残念ながらあまりまともなものは見当たりません。

折角インターネットをお使いなのですから、 ここはひとつ実際に市販されている、"まともな MIDIシーケンス・ソフト"のデモ版をダウンロードして、 これを教材にしてみましょう。


■MIDIシーケンス・ソフト(デモ版)のダウンロードとインストール

−このページは廃止しました−

■MIDIシーケンス・ソフトの基本操作 〜 キューベーシス(デモ版)の場合 〜

キュベーシスの基本操作に入る前に 位置づけを再度確認しておきます。 なお、キューベーシスは独自のファイル・フォーマットを持っています。表はこれを追加してあります。

【 キューベーシス(MIDIシーケンス・ソフト)の位置づけ(赤の部分)】
項目 流れ →
1生楽器の生演奏楽譜演奏家 楽器
2DTMの場合 独自Format
(*.all,*.arr)
キューベーシス
(MIDIシーケンス・ソフト)
Sound Card
(MIDI音源)
Speaker
SMF
(*.mid)
3受け渡し方法独自Format/MIDIファイル独自FormatMIDIMIDIAudioAudio

ここで、再確認しておきたかったのは、MIDIシーケンス・ソフトをリプレイスしても、出てくる音は基本的には変わらない、という点です。

ではそれを実際に確認してみましょう。

【MIDIシーケンス・ソフトの基本操作 〜 キューベーシス(デモ版)の場合 〜 】


MIDIシーケンス・ソフトの機能はもちろんソフトによって異なりますが、大体同じような機能を持ているものです。 ただし、同じ事をするにしても各メーカの独自の思想/工夫があり、使いやすさを競っているわけです。 キューベーシスの持つ機能を知れば、MIDIシーケンス・ソフトではどのようなことができるのかが理解できると思います。


■MIDIシーケンス・ソフトの編集機能 〜 キューベーシス(デモ版)の場合 〜

ここで、教材として使用しているキューベーシスは、 スタインバーグ社のCUBASE(キューベース)という MIDIシーケンス・ソフトの入門者バージョンです。
キューベース・シリーズにはキューベーシスのほかにもいくつかの種類がありますが、基本的な考え方、 画面イメージおよび一連の操作は、すべて統一されています。
以降の説明では部分的にキューベースの画面を使用している箇所があります。

【MIDIシーケンス・ソフトの編集機能 〜 キューベーシス(デモ版)の場合 〜 】


MIDIシーケンス・ソフトにはこれまでに示した編集機能のほかにもたくさんの機能があります。 ただし、それらはあくまでも演奏データを作成/編集するためにのものです。
MIDIシーケンス・ソフトをいくら高価なものに変更しても音が良くなることはありません。

【 MIDIシーケンス・ソフトの位置づけ(赤の部分)】
項目 流れ →
1生楽器の生演奏楽譜演奏家 楽器
2DTMの場合 独自Format
(*.all,*.arr)
MIDIシーケンス・ソフト Sound Card
(MIDI音源)
Speaker
SMF
(*.mid)
3受け渡し方法独自Format/MIDIファイル独自FormatMIDIMIDIAudioAudio


楽器の音をよくするためには MIDI音源を良質なものに変更しなければなりません。

【 MIDI音源の位置づけ(緑の部分)】
項目 流れ →
1生楽器の生演奏楽譜演奏家 楽器
2DTMの場合 独自Format
(*.all,*.arr)
MIDIシーケンス・ソフト Sound Card
(MIDI音源)
Speaker
SMF
(*.mid)
3受け渡し方法独自Format/MIDIファイル独自FormatMIDIMIDIAudioAudio


では、次に MIDI音源をサウンド・カードのものより良質なものに変更してみましよう。

ここでは無料で入手可能なもの、ということでソフトウェア・シンセサイザー(試用版)を導入して、 音の違いを確かめてみます。


■MIDI音源の変更(ソフトウェア・シンセサイザーの場合)

MIDI音源を変更すると SMF再生時の音質は劇的に変わります。

【 MIDI音源の位置づけ(緑の部分)】
項目 流れ →
1生楽器の生演奏楽譜演奏家 楽器
2DTMの場合 独自Format
(*.all,*.arr)
MIDIシーケンス・ソフト Sound Card
(MIDI音源)
Speaker
SMF
(*.mid)
3受け渡し方法独自Format/MIDIファイル独自FormatMIDIMIDIAudioAudio


ここでは、MIDI音源としてソフトウェア・シンセサイザー(以下「ソフト・シンセ」) を使用してみます。

【MIDI音源の変更(ソフトウェア・シンセサイザーの場合)】


サウンド・カードの MIDI音源機能にくらべると、かなりの音質の差を感じられたのではないでしょうか?
しかしながら、ソフトシンセにはまだまだ問題があり、 また音質についても外付けのハードウェア MIDI音源との間には歴然とした違いがあります。


■お金をかけずにできるのはここまでです

見出しのとおり、お金をかけずにできるのはここまでです。これ以降は少なからず出費が必要となります。

ただ、ここまでのところで、何をグレード・アップすれば何が変わるか、が大体おわかりいただけたのではないでしょうか?

項目 流れ →
1生楽器の生演奏楽譜演奏家 楽器
2DTMの場合 独自Format
(*.all,*.arr)
MIDIシーケンス・ソフト Sound Card
(MIDI音源)
Speaker
SMF
(*.mid)
Software Synthsizer
(MIDI音源)
3受け渡し方法独自Format/MIDIファイル独自FormatMIDIMIDIAudioAudio


さて、次の節に移る前にここで、次のページをご覧になることをお勧めします。 少し難しいところもありますが、一度で全てを理解する必要はもちろんありません。

What is MIDI ?

MIDIシーケンス・ソフトウェア

What is SMF ,GM ,GS and XG ?





TO HOME


- 1996-1997 izmi All rights Reserved. -