当サイトのインデックスと最新の更新情報はこちらのトップページに掲載されています。

TO HOME


拡張子".mid"のファイルを捜してみましょう

あなたのパソコンには最初から、いくつかの拡張子".mid"のファイルがハードディスクにあるはずです。それを捜してみましょう。

[スタート]→[検索]

拡張子".mid"のファイルのことをスタンダード MIDIファイルと呼び、頭文字をとって SMFと略します。

【スタンダード MIDIファイル】(まだ、ここを読む必要はありません)


SMFには楽器の演奏情報が入っています。音が入っているわけではありません。 これは非常に重要な点で、片時も忘れてはなりません。

それでは、検索画面に表示されている SMFをダブル・クリックしてみましょう (どれでも構いません)。 多分、メディア・プレーヤーというソフトウェアが起動し、音が鳴り始めるはずです。
もし、ちがうソフトが起動しても気にする必要はありません。要は音が鳴りさえすれば良いので、最後まで演奏を聴きましょう。

"拡張子.mid"のファイルをダブル・クリック


今あなたは、 SMFに入っている楽器の演奏情報にしたがってメディア・プレーヤが奏でた楽器の音を聞いたのです。 (音がならなかった場合は、とりあえず読み進んでみましょう。問題は後の解説で解決されるかもしれません。)


みなさんのパソコンに装備されているサウンド・ブラスター互換のサウンド・カードの中には、たくさんの楽器が入っています。 というより、"たくさんの楽器が入っているかのようにふるまう仕組み"を持っています。


楽譜(SMF)→演奏家(メディア・プレイヤー)→楽器(サウンド・カード)→スピーカ→音







TO HOME


- 1996-1997 izmi All rights Reserved. -