当サイトのインデックスと最新の更新情報はこちらのトップページに掲載されています。

TO HOME


■MIDIシーケンス・ソフトの基本操作 〜 キューベーシス(デモ版)の場合 〜

キュベーシスの基本操作に入る前に 位置づけを再度確認しておきます。 なお、キューベーシスは独自のファイル・フォーマットを持っています。表はこれを追加してあります。

【 キューベーシス(MIDIシーケンス・ソフト)の位置づけ(赤の部分)】
項目 流れ →
1生楽器の生演奏楽譜演奏家 楽器
2DTMの場合 独自Format
(*.all,*.arr)
キューベーシス
(MIDIシーケンス・ソフト)
Sound Card
(MIDI音源)
Speaker
SMF
(*.mid)
3受け渡し方法独自Format/MIDIファイル独自FormatMIDIMIDIAudioAudio

ここで、再確認しておきたかったのは、MIDIシーケンス・ソフトをリプレイスしても、出てくる音は基本的には変わらない、という点です。

ではそれを実際に確認してみましょう。

SMFの読み込み

独自のフォーマットを持つ MIDIシーケンス・ソフトはそれを用いるのが基本です。 しかしながら、現在では SMFの読み書きもできなくては何かと不便なので、 「SMFの読み書きできる」ようになっている、というのが一般的です。

では、【拡張子".mid"のファイルを捜してみましょう】 で使用した SMFを、今度はキューベーシスで読み込んで再生してみましょう。

  1. "File"をクリックすると

  2. ファイル・メニューが開きます、その中なかにある"Import MIDI File.."というのを選択します。 SMFはキューベーシスの独自ファイルではないので"Import"で読むわけです。

  3. ここでキューベーシスはあなたに、次のことをたずねています。
    「これから、読む SMFを、すでに開かれているアレンジにマージするか?」
    キューベーシスでは1曲分の演奏データを"アレンジ"と呼びます。
    キューベシスは起動時に、デフォルトのアレンジ読込むようになっています。 下の画面で、奥の方に"Arrange - DEF"となっているのが、既に読み込み済みのアレンジです。
    ここでは、あたらしく SMFを読込みたいのですから、"NO"を選びます。

  4. 読込む SMFを指定します。

  5. ここでキューベーシスはあなたに、次のことをたずねています。
    「画面を演奏データの分布に従って最適化するか?」
    これはどちらを選んでも演奏に影響はありませんが、とりあえず"NO"を選んでおきます。
    次に SMF読込むときに、ためしに"YES"を選んで見ましょう。だれにでも違いがわかります。


演奏/停止/巻き戻し/早送りのしかた

それでは、読込んだファイルを演奏してみましょう。 操作はテープ・レコーダーのようなボタンをマウス・クリックすることによって行いますが、 マウス操作はなれてくると不便なものです。

キューベーシスではショートカット・キーが用意されているので、それを紹介しておきます。 なお、ノート・パソコンやキーボードの種類によっては、このとおりではない場合があります。

操作ショート・カット・キー補足
演奏開始[ENTER]キー
停止 テンキー[0]またはスペース・バー停止状態のときは先頭にジャンプ
早送り[Page Up]キー
巻き戻し[Page Down]キー
録音テンキー[*]これについては後で説明します。

MIDIシーケンス・ソフト独自ファイル・フォーマットの必要性と SMFについて

キューベーシスには、独自の演奏データファイル・フォーマットがあります。 キューベーシスのフォルダーの中に、独自フォーマットのデモ演奏データ・ファイルがあるので、 今度はそれを読込んで、 SMFの場合との違いを見てみましょう。


独自フォーマット・ファイル読込みの場合はショートカット・キーが用意されています。

分類 操作ショート・カット・キー補足
File 独自Format File読み込み[Ctrl]+O(オー)*.all,*.arr
Transport演奏開始[ENTER]キー
停止 テンキー[0]またはスペース・バー停止状態のときは先頭にジャンプ
早送り[Page Up]キー
巻き戻し[Page Down]キー
録音テンキー[*]これについては後で説明します。


先ほど読込んだ SMFの場合と比較して見ましょう。さまざまな大きさの箱が整然と並んでいる点が SMFの場合とは異なります。 この箱は演奏データの編集単位のひとつとなります。


MIDIシーケンス・ソフトの独自ファイルには演奏データだけではなく、 そのデータを作成したときの MIDIシーケンス・ソフトの各種環境設定情報も一緒に保存されます。 というより、これを保存したいがために独自フォーマットが存在するわけです。

「独自」であるということは、このファイル使用するには、そのファイルを作成した MIDIシーケンス・ソフトがならないため、 単に鑑賞を目的とした第三者への供給には適していません。

そこで、MIDIシーンス・ソフトの独自情報が含まれないファイル・フォーマットが提案されました。 これがスタンダード MIDIファイル(SMF)というフォーマットなのです。

先ほど上の画面の説明で"箱(キューベーシスではこれを「パート」と呼びます)"のことを書きましたが、 これはデータを作成/編集する人が作業しやすいように、大きさを自由に設定することが可能です。
このように、 後日あらためて編集を行う際に画面設定などを元の状態に復帰させるのに必要な情報が独自フォーマットのファイルには含まれているので、 自分の作成した、あるいは編集した演奏データは独自ファイルで保存しておくのが基本です。 そして、第三者に対して供給するときだけ SMFで書き出すのが一般的です。
なお、デモ版ではファイル保存はできません。

【スタンダード MIDIファイル】(SMFの詳細はここで解説していますが、まだここを読む必要はありません)



では次に、このデモ・ファイルを使用して、キューベーシスの機能のうち、編集機能を中心に概説します。

MIDIシーケンス・ソフトの機能はもちろんソフトによって異なりますが、大体同じような機能を持ているものです。 ただし、同じ事をするにしても各メーカの独自の思想/工夫があり、使いやすさを競っているわけです。 キューベーシスの持つ機能を知れば、MIDIシーケンス・ソフトではどのようなことができるのかが理解できると思います。





TO HOME


- 1996-1997 izmi All rights Reserved. -