当サイトのインデックスと最新の更新情報はこちらのトップページに掲載されています。

TO HOME


■MIDIシーケンス・ソフトの編集機能 〜 キューベーシス(デモ版)の場合 〜

ここで、教材として使用しているキューベーシスは、 スタインバーグ社のCUBASE(キューベース)という MIDIシーケンス・ソフトの入門者バージョンです。
キューベース・シリーズにはキューベーシスのほかにもいくつかの種類がありますが、基本的な考え方、 画面イメージおよび一連の操作は、すべて統一されています。
以降の説明では部分的にキューベースの画面を使用している箇所があります。

アレンジ・ウインドウ(曲構成編集画面)

キューベーシスのもっとも基本となる画面で、すべてはこの画面からはじまります。 この画面には曲全体の構成が表示されています。
曲の全体構成を確認しながら、構成を変更する場合はこの画面を使用します。

【アレンジ・ウインドウ】

各種編集画面(演奏データ詳細編集画面)

演奏データを細かく編集する場合は、アレンジ・ウインドウから、 どの部分を編集するかを選択してから編集画面を選択します。

【詳細編集画面の開き方】

キューベーシスでは次に示す3通りの編集画面が用意されています。
なお、下の画面はキューベースのもので、表示されている演奏データはキューベーシス添付のものとは違います。

【キー・エディット・ウインドウ [Edit]

【リスト・エディット・ウインドウ [List]

【スコア・エディット・ウインドウ [Score]

MIDIシーケンス・ソフトにはこれまでに示した編集機能のほかにもたくさんの機能があります。 ただし、それらはあくまでも演奏データを作成/編集するためにのものです。
MIDIシーケンス・ソフトをいくら高価なものに変更しても音が良くなることはありません。

【 MIDIシーケンス・ソフトの位置づけ(赤の部分)】
項目 流れ →
1生楽器の生演奏楽譜演奏家 楽器
2DTMの場合 独自Format
(*.all,*.arr)
MIDIシーケンス・ソフト Sound Card
(MIDI音源)
Speaker
SMF
(*.mid)
3受け渡し方法独自Format/MIDIファイル独自FormatMIDIMIDIAudioAudio


楽器の音をよくするためには MIDI音源を良質なものに変更しなければなりません。

【 MIDI音源の位置づけ(緑の部分)】
項目 流れ →
1生楽器の生演奏楽譜演奏家 楽器
2DTMの場合 独自Format
(*.all,*.arr)
MIDIシーケンス・ソフト Sound Card
(MIDI音源)
Speaker
SMF
(*.mid)
3受け渡し方法独自Format/MIDIファイル独自FormatMIDIMIDIAudioAudio


では、次に MIDI音源をサウンド・カードのものより良質なものに変更してみましよう。

ここでは無料で入手可能なもの、ということでソフトウェア・シンセサイザー(試用版)を導入して、 音の違いを確かめてみます。





TO HOME


- 1996-1997 izmi All rights Reserved. -