Roland R-MIX Tabをリフ練習用ギターカラオケ機として使用してみる(2012年3月14日)

home > Roland R-MIX Tabをリフ練習用ギターカラオケ機として使用してみる(2012年3月14日)

【関連情報】ローランドの製品説明
【関連情報】iTune Store

【関連情報】Roland R-MIXの使用感(2012年3月18日)

Roland R-MIXの機能を限定してiPadで使えるようにしたのがRoland R-MIX Tabで、オリジナルよりも先行してリリースされました。
このページでは以下の構成でRoland R-MIX Tabを紹介します。


1.DTMでカラオケ作るのはたいへん

ミュージ君などのDTMが華やかなりしころ、その用途のひとつとして楽器練習用のマイナスONE、つまり練習用伴奏としての使い方が紹介されていました。
しかしこれ、市販のソングファイルがある場合は良いですが、自分で1から作るのはとても大変な作業です。おそらくは「そんなものを作るのに時間をかけるくらいなら、練習しなさい!」となったことでしょう。でも仲間がいない場合は、練習用伴奏を得るにはこれしか方法がなかったと思います。そのCDに合わせて弾くのと、弾くパートが入っていないものを伴奏にするのとでは随分違いますから。


2.TASCAMのGT-1も曲によっては見事にギターパートを消せる

以前に別のサイトで紹介したことがありますが、TASCAMのGT-1というギター・トレーナ(私は耳コピー用に使ってました)にはギター・パートを消音する機能があり、楽曲によっては実に見事にギターだけを消してしまうことができました。サンプルを載せたので聞いてみてください。

SAMPLE MP3:JUMPのギター・ソロ冒頭部分
(交互にギター・パートを消音してみました)


3.R-MIX TabはGT-1よりもより自由がききます

このページで紹介するR-MIX TabはGT-1よりも自由に消音する音域や定位を設定できます。詳細は省きますがごく大雑把に操作を示すと図のようになります。


4.BURN(紫の炎)のリフ部分をカラオケにしてみる

前節で説明したように消音する音域や定位をどのように領域選択するかがR-MIX Tabのポイントです。オーディオ・サンプルとスクリーン・ショットを載せてみたので試してみると良いでしょう。選択領域をもっと追い込めば、もっと綺麗に消音できるかもしれません。

SAMPLE MP3:BURM のリフ部分
(ギター・パートをゆっくりとフェードアウトさせています)


5.JUMPのギター・ソロ部分をカラオケにしてみる

ヴァン・ヘイレンのJUMPのギター・ソロです。永遠の憧れのソロですね。

SAMPLE MP3:JUMP のギター・ソロ部分
(ギター・パートをゆっくりとフェードアウトさせています)


6.ピーター・ホワイトの曲をカラオケにしてみる

これは消音しにくい曲の例ですね。ただ、もっと時間をかけるともう少し良い結果が得られるような気もします。

SAMPLE MP3:Storm fromt の冒頭部分
(ギター・パートをゆっくりとフェードアウトさせています)



Copyright© 2006, 2012 izmi.jp All Rights Reserved